作品数・会員数NO.1の映像配信サービスdTVは、フジテレビとタッグを組みオリジナルドラマを共同制作。本作がドラマ初主演となる山下健二郎(三代目 J Soul Brothers)をはじめ、本仮屋ユイカ、町田啓太、浅見れいな、八木将康、水沢エレナら個性が光る多彩なキャストが集結。男女6人の交錯する恋模様を描いたラブストーリー「Love or Not」は、3月20日(月)よりdTVとFODで配信されている。

山下は、料理や掃除など家事は得意だが、仕事はイマイチやる気が出ない会社員という、どこか頼りないダメ男・幸助役を演じ、22年ぶりに再会した初恋の女性・真子(本仮屋)に心惹かれつつも、周囲に気を遣ったり、自分の想いを素直に伝えることができず空回りばかりしてしまう、繊細な役どころを好演。そんな山下に、今回単独インタビューを敢行した。

―まず初めに、ご自身が演じた役について教えてください。

僕が演じた宇佐美幸助という役は、まっすぐでポジティブなキャラクターです。仲間意識が高くて、後輩の面倒見もいいけど、仕事に対して抜けている部分もあったり、どこにでも居そうな会社員なんですが、最初に台本を読んだとき自分とリンクする部分が多かったので、役作りも苦労せずまっすぐに臨ませていただきました。

―本作が山下さんにとって初主演ドラマとなりますが、どのようなスタンスで現場に臨んでいますか?

最初は緊張しましたが、考えすぎて凝り固まってしますと上手くいかないタイプなので、まっすぐに自分をさらけ出し、ポジティブな姿勢で現場に臨みました。現場のキャストのみなさん、スタッフのみなさん含め、明るく楽しい現場にしたいと思い、色んな人と話してコミュニケーションをとって、良い雰囲気で撮影に臨める空間を心がけました。僕は人見知りしないタイプなので、人見知りする人からしたら僕みたいなタイプって苦手だと思うのですが、嫌われていいやと思って、自分からどんどん声をかけていきましたね(笑)。

―三代目JSBではパフォーマーとしてカッコよく踊る姿が印象的ですが、今回”三枚目”のサラリーマン役は演じてみていかがでしたか?

関西出身ということもあるかもしれないですけど、僕は面白いこともふざけるのも好きだし、三代目の中でも三枚目寄りだと思うんです(笑)。素の自分に近い部分も多かったので苦労などはあまりありませんでしたが、でも、三枚目も二枚目もできないとダメだと思いますし、今後も色んな役を演じていけたらなと思います。

―山下さんが考える「初恋」のイメージとはどんなものですか?また、「運命の赤い糸」は信じますか?

初恋って叶わないイメージが強いですね。好きっていうのも伝えることも出来ず、淡い思い出で終わってしまうイメージです。でも、実際に僕の周囲にも初恋が恋愛に発展して結婚したって人がいるので、運命の赤い糸は信じたいですね。

―山下さんの初恋エピソードを教えてください。

中学校1年生の時ですね。僕はバスケ部に入部して、練習のときは体育館のコートを半分に区切り、片方を男子バスケ部、片方を女子バレー部が使っていたんですけど、その女子バレー部の2つ年上の先輩がむちゃくちゃ可愛くて(笑)。

でも、何も伝えることもできず、その方は卒業して終わってしまいました(笑)。

―今回のドラマのように身近な友達と同じ人を好きになってしまったら、「友情」と「恋愛」どちらをとりますか?

100%友情ですね!(即答)。ただそういう時って先手必勝だと思うんですよ。好きと思った時点で、その気持ちを周りにアピールしたほうがいいと思うんです(笑)。それを聞いて、2番目に言いだしたやつは引いたほうがいい。でも、実際にそういうことになったことがないから、分からないですけどね(笑)。

―この作品には真子、志保、美鈴という3人の女性が登場しますが、1人だけ選ぶとしたらどの人にしますか?

迷うなぁ・・・。でもやっぱり真子(本仮屋)さんかなぁ。明るいし、仕事がバリバリ出来てかっこいいですよね。男って子供っぽい部分があるから、真子さんみたいにしっかり引っ張ってくれる人の方がいいんじゃないかなぁと思います。

―今回、配信ドラマでの主演ということになりますが、山下さんはどのような時に配信サービスを使っていますか?

僕は仕事柄、急にスケジュールが空くことや移動も多いので、そういう時によく利用しています。2~3時間くらい空き時間があれば配信ドラマを見たり、本当に重宝しています。テレビと違っていつでもどこでも好きな時に見れますし、気になっていた作品をまとめて見れるのが嬉しいですよね。連続ドラマで次の話が気になるときは、寝る時間を1時間削って見ることもありますよ。

―では、「Love or Not」はどういった時に見てほしいですか?

人を好きという気持ちに対して背中を押してくれる作品だと思うので、恋愛したい時とかに見てほしいですね。色んな恋愛ドラマがありますけど、こんなにストレートでまっすぐなドラマは久しぶりだと思います。僕は今31歳ですが、僕より10歳、20歳上の方でも、また10歳下の方でも楽しめるような内容になっていると思います。

―最後に、視聴者の方にメッセージをお願いします。

「Love or Not」はまっすぐで、ピュアな恋愛ドラマです。恋愛したい時や、落ち込んでいる時、元気の出ない時にこのドラマを見て気持ちを盛り上げて、新しい出会いに向かって臨んでほしいなと思います。ぜひ皆さん、ご覧になってください!!

<dTV×FODドラマ「Love or Not」>
出演:山下健二郎(三代目 J Soul Brothers)、本仮屋ユイカ、町田啓太、浅見れいな、八木将康、水沢エレナ 他
(C)エイベックス通信放送/フジテレビジョン