ブランド総合研究所が毎年発表している47都道府県の魅力度をランキングにした「地域ブランド調査2016」で、群馬県が45位、栃木県が46位、茨城県が47位(最下位)とワースト3を独占した北関東の3県。「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)や「秘密のケンミンSHOW」(読売テレビ、日本テレビ系)などのバラエティ番組でもたびたびイジられ、もはやネタになっている“北関東の魅力のなさ”だが、実はアイドルに関して見るとなかなかのスターたちを輩出していることをご存じだろうか。アイドルの話になると、北関東はがぜん強いんです。

乃木坂のあの“超絶美人”が君臨する群馬県

群馬出身のアイドルの中で、群を抜いた活躍を見せるのが乃木坂46の白石麻衣。乃木坂は数いるアイドルグループの中でも個々のルックスがバツグンであると言われているが、その中でも1、2を争う美貌の持ち主が白石麻衣。女性誌の“なりたい顔ランキング”上位の常連でもある。2月に発売した2nd写真集『パスポート』(講談社)は初週売上10万部を突破。2008年にオリコン週間“本”ランキングの集計が始まって以降、歴代最高の売り上げを記録している。

また、ハロー!プロジェクトのリーダーを務めるアンジュルムの和田彩花も群馬出身。80年代にトップアイドルとして一世を風靡したタレントの井森美幸以来、群馬出身者は人気アイドルを輩出し続けているのだ。

AKBのエースだったあの子も栃木県

栃木出身者に「誰か有名な人いる?」と尋ねると、高確率で返ってくるのが元AKB48のメンバーで女優の大島優子の名前。二期生としてAKBに加入した大島は、前田敦子とともにWエースとして人気を二分。AKBの選抜総選挙でも2度の1位(センター)を獲得するなど、初期AKBを支えたメンバーだ。現在は女優として活動しており、今期話題だったドラマ「東京タラレバ娘」(日本テレビ系)での演技も高評価を受けている。

その他、アイドルグループCheeky Paradeの渡辺亜紗美やカントリー・ガールズの森戸知沙希、ジュニアアイドル出身でCMやバラエティでもおなじみのタレント・小池里奈も栃木出身だ。

ほかの2県にやや劣るも、期待の星がズラリの茨城県

白石麻衣、大島優子といったエースクラスではないものの、これから活躍しそうなアイドルが多いのが茨城県だ。AKB48の高橋朱里は去年の選抜総選挙で15位にランクインし初の選抜入り。メンバーからの信頼も厚く「次期総監督」との呼び声も高いメンバー。また、昨年メジャーデビューしいきなりの紅白歌合戦出場を果たした欅坂46の渡辺梨加と渡邉理佐も茨城出身。ともにグループ内でトップクラスの人気を誇っており、活躍次第では白石のようになる可能性も秘めている。

ちなみにかつてアイドルグループ・ribbonとして活動し現在は女優として人気の永作博美も茨城県出身。上記のアイドルたちも、衰え知らずの童顔美女・永作のような息の長い活躍を見せてくれるだろうか。

魅力度では最下位争いをしている北関東3県だが、こうして見るとなかなかの逸材揃い。アイドル界では、イジられるどころかブランドと言えるかもしれない。彼女たちの活躍が、県の魅力度ランキング自体を引き上げる日も近い!?

(文/木村彩乃@HEW)