『秘密戦隊ゴレンジャー』から始まり、今年の『宇宙戦隊キュウレンジャー』で、なんと41作目を数える我らがスーパー戦隊。そんな「カラフルなやつら」(『轟轟戦隊ボウケンジャー』の悪役・ガジャ様の表現)が仮面ライダーと混合チームを組んで戦う映画、『仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦』が3月25日から公開されています。

すでに総勢250人近い――いや、もう突破したかな?――スーパー戦隊には、さまざまな指導者がおりました。東千代之介演じる『バトルフィーバーJ』の鉄山将軍のように非常識なほど強い人物や、初の女性司令官『鳥人戦隊ジェットマン』の小田切長官など。しかし、中には見た目からモロに人間ではない司令官もいるのです。今回はそんな「人外の司令官」を紹介していきましょう。ちなみに「人間の役者が演じているのに、最後に人間ではないことが判明する」パターンは外してあります。これから観る人の楽しみを奪うなんてこと、筆者にはできません。

デンジ犬アイシー(『電子戦隊デンジマン』)

デンジ星人が作ったロボット犬であり、ちゃんと言葉を話します。だが、どこからどう見てもチャウチャウなのです。そんな、どう見てもチャウチャウなアイシーは、なんとロボの操縦までこなしてしまうデキるやつ。特撮界で最も有名なワンちゃんでありましょう。余談ですが、アイシー役のチャウチャウは撮影期間中に病死してしまったらしいです……。合掌。

アーサーG6(『地球戦隊ファイブマン』)

5人兄弟で全員が小学校教師の戦隊、ファイブマン。彼らを育て上げたのがサポートロボットのアーサーG6です。ロボットに育てられるなんて、情操とかメンタルとかそういった部分は大丈夫なのか? とお思いでしょうが、彼はその辺の木っ端人間よりも余程しっかりしているので、ご安心ください。そうでなきゃ、5人兄弟が全員教師になるなんて、ありえませんよね。それでも心配な方は「ファイブマン、愛のテーマ」を聴くこと。

ダップ(『激走戦隊カーレンジャー』)

ハザード星人の少年。見た目はスターウ◯ーズのヨ◯ダを子供にしたような……。語尾に「ダップ」をつけてしゃべります。初期のカーレンジャーは「こんな安月給で働いてるのに地球まで守ってられるか」みたいな台詞を吐いたりするような奴らだったので、それを時にはなだめ、時にはおだててうまいこと戦わせていました。子供なのに苦労人ですね。敵も味方もどこかおかしいこの番組では、唯一マトモな人物だったのではないでしょうか?

タック(『未来戦隊タイムレンジャー』)

フクロウ型のナビゲーターロボット。マスコットキャラっぽい見た目ですが、しゃべり声もその内容もしっかりしています。メモリーの中には敵のデータのほか、20世紀から30世紀にかけての情報も入っており、さらに、30世紀からロボを呼び寄せるのも彼だったりするので、実のところ、タックがいないとタイムレンジャーは成り立たないのでした。

ドギー・クルーガー(『特捜戦隊デカレンジャー』)

犬顔の宇宙人・アヌビス星人の彼は、酸いも甘いも噛み分けた宇宙警察地球署の署長であり、デカレンジャーの司令官です。しかし、彼が今までの司令官と違うのは、自らも「デカマスター」に変身して戦うこと。銀河一刀流の達人で、武器はディーソードベガ。そして、デカマスター初変身時にはなんと戦闘員100人斬りを披露! そのあまりのカッコ良さに、小さなお友達も大きなお友達も大興奮したものでした。

マスター・シャーフー(『獣拳戦隊ゲキレンジャー』)

「七拳聖」と呼ばれる激獣拳の達人の一人ですが、いろいろあって、そのルックスはネコ人間。声は波平さん。「日々是修行」とか言いつつ、ゲキレンジャー達に雑巾がけをさせたりします。何を考えているかよくわからない、カンフー映画の師匠タイプの人物ですね。

ボンパー(『炎神戦隊ゴーオンジャー』)

丸まっちくて可愛い、水先案内ロボット。声もしゃべり方も可愛いくて、「ポンポン」が口癖です。そんなルックスなのにかなり有能なロボットで、ゴーオンジャーの変身システムや武器を作り上げたのも実はこのボンパー。しかし、どこかズレた人物が多いゴーオンジャー(特にレッドとブラック)には苦労させられていたような……。

賢神トリン(『獣電戦隊キョウリュウジャー』)

鳥……というか、始祖鳥人間みたいな見た目の司令官。指を鳴らしながらの「ブレイブだ!」が口癖で、終盤にはキョウリュウシルバーへと変身、前線に出て戦いました。余談ですが、後日譚『帰ってきた獣電戦隊キョウリュウジャー 100 YEARS AFTER』でのキョウリュウジャーの司令官は、改心した敵幹部・キャンデリラだったりします。

ショウ・ロンポー(『宇宙戦隊キュウレンジャー』)

龍のような顔をした宇宙人で、キュウレンジャーの司令官。いい加減で適当な発言が多く、よく秘書アンドロイドのラプター283に呆れられたり怒られたりしています。本当かどうかは知りませんが、モデルは高田純次という噂が……。だとすると、実はデキるやつに違いありません!

どうでしたか? 他にも、5人兄弟の父親でちょいワルオヤジが司令官の『救急戦隊ゴーゴーファイブ』や、最終回まで司令官が姿を見せない『轟轟戦隊ボウケンジャー』など、いろいろな戦隊があります。気になったスーパー戦隊をご覧になってみてはいかがでしょう。あ、もちろん『宇宙戦隊キュウレンジャー』も毎週観てくださいね!

(文/ハーバー南@H14)

仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦
【出演】 飯島寛騎 岐洲 匠 他
【公開日】 2017年3月25日
【公式サイト】 http://www.superhero-movie.com/