人気コミック「あさひなぐ」、乃木坂46が舞台&映画化キャストに…

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

3月22日発売の最新シングル「インフルエンサー」はもちろん、白石麻衣、齋藤飛鳥、西野七瀬など人気メンバーが発売する写真集も軒並み大ヒットの乃木坂46。そんな彼女たちがデビュー以来、コンスタントな活動を続けているのが舞台。5月、6月には東名阪でこざき亜衣原作のコミックを舞台化した「あさひなぐ」を上演する。

薙刀に青春を燃やす女のコたちの物語

原作は第60回小学館漫画賞(一般向け部門)を受賞した、「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中の大人気作品で、高校で薙刀に青春を燃やす女のコたちの物語。次世代の乃木坂46エースである齋藤を主演に、初代センターの生駒里奈、個人としても舞台経験豊富な井上小百合に若月祐美、4月25日にソロ写真集を発売する衛藤美彩、OL兼任アイドルとして活躍する新内眞衣、そして齋藤と同じく次世代を背負って立つ北野日奈子と堀未央奈の7人が出演。元宝塚歌劇団のトップスターとしてお馴染みの真琴つばさなども、脇を固める。

生田絵梨花は「レ・ミゼラブル」にも出演

実際、女優志望のメンバーが多く、井上や若月のように個人活動の舞台で頭角を現す場合も少なくない乃木坂46。今年に入ってからも、1月から3月まで生田絵梨花がミュージカル「ロミオ&ジュリエット」にジュリエット役で出演。2月には3期生が、 2012年から2014年まで乃木坂46が行なってきた「16人のプリンシパル」の新メンバーお披露目版として開催した「3人のプリンシパル」を上演。このグループにとって舞台での活動は、欠くことができないものとなっている。

さらには、4月前半には能條愛未が、「舞台「カードファイト!! ヴァンガード」~バーチャル・ステージ~リンクジョーカー編」に戸倉ミサキ役で出演。現在も4月末まで樋口日奈が、「舞台版 ドラえもん「のび太とアニマル惑星」」でしずかちゃん役を演じている。そして極め付けは生田。5月から10月までミュージカル「レ・ミゼラブル」で大役のコゼットを務める。

楽屋での様子を垣間見られるかも!?

そんな中、「あさひなぐ」も乃木坂メンバーの個性派が集合。齋藤自身は舞台経験が少ないものの、2015年に乃木坂46が上演した「じょしらく」では持ち前の勘の良さと独特の感性を活かし、感情に波のある役を好演。薙刀を通して成長していく主人公像には、13歳で乃木坂46オーディションに合格してからの5年間の思いがさまざまに交錯すると思う。

個人的には、昨年の9月の「連載40周年特別企画 舞台版「こちら葛飾区亀有公園前派出所」」で謎の少女、サキ役で透明感あふれる演技を見せた生駒、同9、10月と舞台版「嫌われ松子の一生」で波乱に満ちた主人公の生涯を巧みな感情表現で演じた若月が、どう斎藤を盛り立てるのか気になるところ。加えて、学園ものということで、乃木坂46の楽屋での様子を垣間見るようなわちゃわちゃしたシーンがあるのではとも期待している。

上演スケジュールは、5月20日(土)~31日(水)が東京・EX THEATER ROPPONGI、6月2日(金)~5日(月)が大阪・森ノ宮ピロティホール、6月9日(金)~11日(日)が愛知県芸術劇場大ホール。

なお、今秋には乃木坂メンバーによって映画版の公開も決定した。こちらの主役は、前述したようにグループを牽引する西野。他のキャストについては後日発表されるという。

文/兒玉常利

“乃木坂46”関連商品を買うなら『Neowing』で!
キャンペーン実施中!
ドコモのケータイ払いでdポイントがたまる!

記事制作 : dmenu映画