ベッキーにASKAも…2016年話題となったあの人たちが口を開きはじめた

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

ゲス不倫にSMAP騒動と昨年は芸能界に激震が走った1年でした。表舞台から姿を消すなど本人たちからの声を聞くことがなかったのも特徴でしたが、ここにきて話題となった人たちのメディア露出が徐々に増えはじめています。ようやく当事者の声が聞ける状況になってきたようです。

完全復帰も見えてきた?ベッキー

2016年1月に、ロックバンド・ゲスの極み乙女のボーカルである川谷絵音と不倫関係にあったことが暴露され、長きに渡り話題を独占してしまったベッキー。川谷は音楽活動を休止し、ベッキーも芸能界での活動を休止していました。多くの仕事を失うことになってしましましたが、現在は徐々に芸能活動を再開しています。

2017年3月の時点で、BSスカパーの音楽番組「FULL CHORUS~音楽は、フルコーラス~」と、北海道文化放送の「北海道からはじ○(マル)TV」の2本にレギュラーとして出演。復帰後初の地上波レギュラーとなる「北海道からはじ○TV」では、同じレギュラーの千原ジュニアから「なんでいるの?」と突っ込まれる一幕も。もうテレビに出ていいのかと聞かれると、「もうオッケーでしょう! いや、オッケーかわからないけど」と自らネタに。愛のあるイジリに後押しされる形で、再スタートをきる姿勢を見せました。

また、1月に出演したフジテレビ系バラエティ番組「モシモノふたり」では、平均視聴率が番組史上最高の10.4%(ビデオリサーチ調べ)を記録し、世間の注目度が高いことも分かります。全国ネットのゴールデンタイムで放送されている人気番組にレギュラーを多く持っていただけに、未だ復帰に関しては賛否両論の声が飛び交いますが、そうした番組に完全復帰する日も近いかもしれません。

暴露本を2冊続けて出版…ASKA

2014年に覚せい剤取締法違反で逮捕・起訴され、昨年11月に再び逮捕されたASKA。その際の尿検査で任意提出した液体がお茶だったと明かしたあたりからまた言動に注目が集まり、連日メディアで取り上げられました。

ASUKAは昨年1月に一度目の逮捕に関して記したブログ「700番 第一巻」を公開し、数日間で500万もの閲覧数を記録したもののすぐに削除しています。そのブログに記された内容に加筆修正し、さらにその後の騒動に関する真実をつづったという書籍「700番 第二巻/第三巻」「700番 第一巻」を今年2月と3月に立て続けに出版しました。入院治療から、ASKAが一貫して訴えている盗聴盗撮被害について、そしてなぜ尿検査にお茶を提出したのか、なぜお茶から反応が出たのかを詳細に明かしています。

解散後初めて心境を語った中居正広

昨年最大のニュースといえばSMAPという国民的アイドルの解散。解散を阻止するための購買運動も起こるなど、ファンのみならず国民からの厚い支持を改めて感じた人も多いのではないでしょうか。

年が明けると、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が解散したSMAPについておよそ8カ月ぶりに言及しました。そこでは、解散という結末に「悲しい」とコメントするも、「僕は絶対、永遠に後押し、バックアップ、応援をしていくつもり」と解散後も彼らの味方をする姿勢を示しました。

そして先日、中居正広が自身の番組の会見に出席した際、「メンバーとの番組がなくなり、そこに違う仕事が入るようになりましたが、もう慣れてきました」と解散後の心境を初めて語りました。そして、「仕事に対するスタンスみたいなものは変わらない」とも。SMAPの元メンバーが芸能界になくてはならない存在であることに変わりはありません。今後も活躍を続けるであろう他のメンバーたちの声も、近いうちに聞かれるのではないでしょうか。

(文/上野澪@HEW)

「TOWER RECORDS ONLINE」でSMAPを振り返ってみる
毎週土曜日は、dケータイ払いプラスで決済手続きをすると「dポイント」が5倍!
アイテム数200以上!

記事制作 : dmenu映画