『メットガラ ドレスをまとった美術館』

ファッションはアートたりうるか?世界最高峰イベントを企むアナ・ウィンターらの飽くなき挑戦

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

文=松本典子/Avanti Press

“メットガラ”とは、米ニューヨークにあるメトロポリタン美術館(MET)の服飾部門によって毎年5月第一月曜日に開催されるファッション界の最高峰的イベント。翌日には同部門による企画展が開幕しますが、2015年は8カ月かけて準備された「鏡の中の中国(CHINA: THROUGH THE LOOKING GLASS)」展が大ヒット。そのガラと展覧会の舞台裏に潜入したドキュメンタリーが『メットガラ ドレスをまとった美術館』です。

本作、近年増えている“美術館ドキュメンタリー”の中でも出色。メットガラに招かれたセレブリティたちや展示されたコスチュームの素晴らしさは眼福の極み、言うまでもなく素晴らしいのですが、「ファッションはアートたりうるか?」という親しみやすくも深淵なテーマを伴走させることで奥行きを増し、よりエキサイティングな内容となっているのです。

アートとしてのファッションを信じ、愛してやまない
米ヴォーグ誌のアナ・ウィンターと服飾部門のアンドリュー・ボルトン

アナ・ウィンター(左)とアンドリュー・ボルトン(右)

主要な登場人物は、ふたり。まずは米ヴォーグ誌の名物編集長であるアナ・ウィンターです。METの理事に就任して以来、彼女は服飾部門に大きく貢献(2014年、同服飾部門の名称がコスチューム・インスティチュートからアナ・ウィンター・コスチューム・センターに改名されるほどに!)。毎年のメットガラを取り仕切り、一夜にして服飾部門の年間運営資金を集めてしまうのは彼女です。世界中が注目したくなる、ゲストが喜んで寄付したくなる(ここ重要)ガラにするための、アナの決断力&遂行力たるや。テーブルセッティングや席順など仔細に至るまでの配慮たるや。ひとかけらの迷いも見せないYESとNOの連発に、我々はスカッとせずにはいられません(苦笑)。

もうひとりは、服飾部門のキュレーターであり「鏡の中の中国」展を企画したアンドリュー・ボルトン。17歳にして「MET服飾部門のキュレーターになる」と決心していた、「ファッションはアートたりうる」を信じてここまで来た人です。アナをして「彼の天才的なひらめきを実現させるのが私たちの仕事」と言わしめ、事実、彼が企画した2011年の企画展「アレキサンダー・マックイーン/野生の美」はその画期的な内容で大きな反響を呼びました。

過去最大のスケールとなるこの「鏡の中の中国」展では、映画監督のウォン・カーウァイを芸術監督に迎え、中国コレクションを借りるべくサンローラン財団を訪れ、ジョン・ガリアーノをはじめとする稀代の作り手たちに会い、各所からのプレッシャーを感じながらもボルトンは企画を進めて行きます。ファッションをアートとしては認めたがらない風潮をいつもながらに認識しつつ、今回はさらに中国に対してのデリケートな配慮も必要。また、共同で企画に携わるアジア美術部門からも「中国美術を単なる背景にならぬよう慎重に」と憂慮の声が。不惑なアナ(少なくともそう見える)と、やや戸惑うアンドリュー。そんな中で設営スケジュールも大幅に遅れて……。

記事制作 : Avanti Press(外部サイト)