(C) Universal Pictures

ラスト・サムライ、グレートウォール…ハリウッド・スターがアジアを舞台に戦う理由

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

今年のアカデミー賞受賞式のこと。『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(5月13日公開)に出演したケイシー・アフレックが主演男優賞候補と紹介されると、すかさず司会者のジミー・キンメルが会場のマット・デイモンに、「自分の製作した作品だからその役も出来たのに、マットはケイシーに譲った。この素晴らしい作品の代わりに、彼は何を選んだかと言えば、“チャイニーズ・ポニーテール映画”に出ていたんですよ(笑)」。

これは長年にわたって辛辣なバトル・ジョークを交わしあうキンメルとマットだからこその“いじり”ではあるけど、その小馬鹿にしたコメントの裏には昨今のハリウッド事情も揶揄されているのでは?と深読みしたくもなるのだが……。

というのも、くだんの“チャイニーズ・ポニーテール映画”というのは、マット主演の中国・アメリカ合作映画『グレートウォール』(公開中)のことで、中国の万里の長城を舞台に髪をポニーテールにした傭兵が伝説の怪物と壮絶な闘いを繰り広げるというファンタスティックなアクション大作。監督が、中国が誇る名匠チャン・イーモウとなればアジアンテイスト漂う迫力のバトルシーンはお約束だが……確かに、オスカーとはほど遠いジャンルではある。

それでも、なぜにマットに限らずハリウッドのスターたちは、異国を、いやアジアを舞台にした作品で勇姿を披露したがるのか?

エスニックな魅力を取り入れ、オリジナル作品を

理由のひとつは、欧米にはない、彼らが理解し得ない哲学や文化や歴史にエスニックな魅力を感じ、それを神秘的なファンタジー要素として取り入れればオリジナルな作品が作れると思うからだろう。そう、その思惑が的中したのがトム・クルーズ主演の『ラスト サムライ』(2003年)。我ら日本人から見れば「あれ?」という部分もあるが、それでも戦国時代を舞台にヒューマンなドラマに創りあげ、いくつかの部門でオスカー候補にもなった。その後も『キル・ビル』(2003年)、『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』(2006年)など近未来的な日本の都市・東京を舞台にした多くの作品も登場した。

2013年には“『ラスト サムライ』の夢よ、もう一度!”とでも思ったか、キアヌ・リーヴス主演の『47RONIN』(2013年)も公開。こちらは、かの有名な古典『忠臣蔵』をモチーフにしたのだが、正直、まったく違った内容とグズグズの脚本&演出が目立ち、残念! また同じ年に公開された『ウルヴァリン:SAMURAI』(2013年)も現代の日本を舞台に忍者などを登場させて日本情緒を加味しているんだけど……。まぁ、こちらは親日家のヒュー・ジャックマンのたっての願いでシチュエーションが決まったそうだから、仕方ないか?

狙うはチャイニーズマネー

さて、そこでアジアを舞台にする理由の2つ目は、やはり経済効果。かつて日本はハリウッドにとって最大のマーケットでありジャパンマネーがどんどんハリウッドに注がれていた。しかし、ハリウッド映画を見慣れた、今の日本の観客は邦画へと嗜好を変えつつある。

そんな中で2010年あたりから猛烈な映画ブームとなったのが中国であり、同時にハリウッドでチャイニーズマネーが幅を利かせるようになったのも事実。『グレートウォール』の前にも、14年にはジョン・キューザックと中国の至宝ジャッキー・チェンが共演する『ドラゴン・ブレイド』(2016年)と、ニコラス・ケイジと「スター・ウォーズ エピソード2&3」でアナキン・スカイウォーカーを演じたヘイデン・クリステンセンが共演の『ザ・レジェンド』(2015年)も公開されている。この2作は、時代は違っても今はなき中国王朝時代を舞台にしてアジアの神秘を煽りつつ壮大なアクションをくり広げるスペクタクルとなっている。

思うに、アメリカの観客にとっては数千年の歴史を刻む中国はもちろん、多くのアジアの国については、ほとんど未知の世界。となれば観客の縦横無尽の想像力をあおるにはもってこいのシチュエーションであり、いわば“なんでもあり!”で作れるのが魅力的。そこに、資金力がプラスされれば鬼に金棒。というわけで、ハリウッドとしてもアジアの国々をこれからも無視はできない。さて、次はどの国を舞台にハリウッドスターが戦うのか? 楽しみではある。

『グレートウォール』公開中-(C) Universal Pictures

(文/金子裕子・サンクレイオ翼)

記事制作 : サンクレイオ翼

関連映画

マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。