(C)2017「イイネ!イイネ!イイネ!」製作委員会

こじはる、菜々緒も出演!“結成20周年”を迎えたCKB横山剣の主演映画が誕生!

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

昭和歌謡からジャズまでさまざまな要素を盛り込んだサウンドと渋みのきいた歌声で、幅広い世代に愛される“CKB”ことクレイジーケンバンド。今年バンド結成20周年を迎えた彼らですが、そのアニバーサリーを祝うようにメンバーが総出演する映画が誕生しました。しかも、堂々主演を務めるのは、バンドのフロントマン、横山剣。気になるその中身は?

CKBを大フィーチャー、舞台はもちろん地元“横浜”!

6月24日に公開される映画『イイネ!イイネ!イイネ!』は、横山の決めゼリフがタイトルになっているところからも察しがつくように、まさしくCKBを大フィーチャーした内容です。舞台となるのはもちろん、横山の出身地でバンドの活動拠点となっている“横浜”。異国情緒あふれる横浜を背景に、CKB率いるミュージシャンのケン、そのバンドマネージャーのトニー、ヤクザのドブオという今は違う道を歩むものの深い絆で結ばれた幼なじみ3人の友情劇が展開していきます。本牧、山下公園、横浜スタジアムなどなど、横浜名所が随所に登場して、CKBの楽曲や歌詞もどこか懐かしい、港町・横浜の空気が作品には充満しています。

クレイジーケンバンド&横山剣の演技、イイネ!

触れないわけにいかない主演の横山剣ですが、その役柄はなんと本人役です。資料によると「演技は得意ではないが、自分役をセルフカバーと考えればやれるかもしれない」ということで出演を決めたそうですが、なんのなんのその演技は堂々たるもの。テレビの取材やラジオ出演などしたときとなんらかわらない、自然体で横山剣として主人公をまっとうしています。のちに恋してしまうヒロイン女性を窮地から救う場面では、ちょっとしたアクション・シーンに挑戦。それも様になっていて驚かされます。また、CKBのメンバーも本人役で登場。メンバー全員が銭湯に入るシーンなどが用意されているのですが、バンドらしい連携プレーでいい味を出しています。

ぐっさん、こじはる、菜々緒など、豪華すぎるメンバーがゲスト出演!

そして、横山剣と競演するキャストがこれまたすごい。まず、主要キャストとなる横山剣の幼なじみのドブ男にはクリント・イーストウッド監督作『硫黄島からの手紙』など海外での活躍も目立つ伊原剛志。もうひとりの幼なじみのトニーには、最近では北野武監督の『アウトレイジ』シリーズでの演技が印象に残る中野英雄が務めています。さらにさらに菜々緒、山口智充、パンツェッタ・ジローラモ、宮川大輔、小嶋陽菜などがゲスト出演。ワインポイントの登場で作品を大いに盛り上げます。もうこれは豪華すぎとしかいいようがありません。

音楽を手掛けるのは、もちろんCKB

最後に音楽を担当するのは、もちろんCKB。劇中では「生きる」や「漢江ツイスト」といった彼らの代表ナンバーが、ストーリーと見事にリンクして劇中を彩ります。また、ファンにはうれしいCKBのライブシーンもあり。しかも、それがストーリー上でも重要な大きな感動を呼ぶシーンになっています。

今年のバンド結成20周年に続き、来年はデビュー20周年、今年は全国各地でアニバーサリーライブを敢行としばらくその活動から目が離せないCKB。この主演映画もまた映画ファンはもとより音楽ファンも注目です。

(文/水上賢治@アドバンスワークス)

記事制作 : アドバンスワークス