30代BL漫画家、婚活に悪戦苦闘!栗山千明主演「でも婚」は“時代遅れ”なのか

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

栗山千明主演のスペシャルドラマ「でも、結婚したいっ!~BL漫画家のこじらせ婚活記~」が、4月4日にフジテレビ系で放送されました。男性同士の恋愛を描いた作品“BL(ボーイズラブ”に熱中する30代BL漫画家の婚活を描いたラブコメディでしたが、「そこまで結婚しなきゃいけないもの?」とモヤモヤした視聴者も多かったようです。

栗山千明、漫画家役は「畏れ多い」

栗山演じる主人公・藤田ハルコは、今年34歳になる売れっ子BL漫画家。学生時代のBL仲間からの結婚報告をきっかけに、アシスタントの立花キリ子(佐野ひなこ)から背中を押されて婚活をスタートする。

クールビューティーの代表格である栗山が、ボサボサ髪に眼鏡、スウェット姿で、BL漫画家役を熱演。栗山本人も大のアニメ・漫画好きであるだけに、漫画家を演じることは嬉しかった様子。「私自身、0から1を生み出すことはやったことがないので、画力もストーリー作りも含めて漫画家さんはやはり尊敬するお仕事で、憧れというよりも本当に畏れ多い存在です」とコメントしています。また、“腐女子”の聖地と言われている東京・池袋の乙女ロード(BL作品やグッズを扱った店舗が並ぶ一角)に行ったことがあるとも明かしています。

しかし、美人女優が婚活に苦戦する役を演じることに「無理がある」と感じた視聴者も多かったようです。Twitter上では、女芸人を起用した方がハマったのではないかと指摘する声があがりました。

「電車男」から時代は変わった

物語は「結婚するためにBL趣味を辞める」という展開にならず、BLという趣味も含めハルコが自分を肯定するような結末を迎えました。その点においては、恋愛のためにはオタク趣味を捨てなければならなかった「電車男」の時代から前進していると言えましょう。

しかし、婚活の中で「この手の趣味は意味がわからない」「女として見るのは絶対無理」といった言葉を投げかけられてハルコが傷つくシーンを見て、「そこまでして結婚しなければいけないもの?」と疑問を感じた視聴者もいました。婚活に励むのはあくまでハルコ個人の選択ではありますが、それでも“こじらせ”た“アラサー”が“婚活”に悪戦苦闘する……という物語に、そもそもアラサーやオタクへの偏見を感じた人々もいたようです。Twitter上では、「結婚しなきゃダメなのか?」と違和感を表明する声もあがりました。

「結婚したい」人々には刺さる?

前クール放送された日本テレビ系「東京タラレバ娘」のように、結婚したい女がもがく物語というのは、何かと炎上しがちです。“結婚しない”という選択肢をとる人々も増加している中で、確たる理由もなく「結婚しなきゃ!」と考えている人を描くのは、「時代遅れ」と受け止められてしまうのでしょう。「“普通”ではなくとも生きやすい生き方を」というメッセージを発信してきたTBS系ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」が大ヒットした後では、一層保守的に感じられてしまうのかもしれません。

しかし、誰もが「逃げ恥」のヒロイン・森山みくりのように生きられないのも事実です。「『なぜ?』と聞かれても困るけど結婚はしたい」と考えている層にとっては、「とにかく結婚しなきゃ!」と考えるヒロインが奮闘する物語というのは、「『逃げ恥』よりも現実的な方向で叱咤激励してくれる」とありがたく感じられるものなのでしょう。ひょっとすると、「男ウケしない自分も肯定しよう」というメッセージが含まれた「でも、結婚したいっ!」は、むしろ進歩的な作品として受け止められているのかもしれません。

「別に結婚しなくてもいい」と「とりあえず結婚したい」という二派が存在する中で、どちらかに向けた作品がターゲット以外の層から批判されてしまう状況というのも少々気の毒です。もう少し時代が進み、それぞれの層がキッチリ住み分けできるようになれば、こういう形で賛否両論が巻き起こることも減るのでしょうか。

(文/原田美紗@HEW)

記事制作 : HEW