(C)2016 UNIVERSAL STUDIOS

全裸ヌード披露や親子共演も!注目の二世が出演する新作3選

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

二世セレブが注目されるのは、日本でもハリウッドでも同じ。とはいえ、実力や話題性が伴わないとあっという間に仕事がなくなってしまう厳しい世界。出演オファーはスターになるチャンスと割り切って、全裸ヌードを披露したり、親も売り出しに協力したりして、全力で出演作品を盛り上げる覚悟も必要です。ここではハリウッドの有名スターの二世たちが熱演する、注目の新作をご紹介致します!

すでに美しさでは親を超えた?リリー=ローズ・デップ

(C)2016 LES PRODUCTIONS DU TRESOR - WILD BUNCH - ORANGE STUDIO - LES FILMS DU FLEUVE - SIRENA FILM

ジョニー・デップとヴァネッサ・パラディの娘リリー=ローズ・デップ。シャネルのミューズだった母親の後を追うかのように、シャネルの広告モデルとして活躍中。今年は女優業も大忙し! “モダンダンスの祖”と称される、ロイ・フラーの伝記映画『ザ・ダンサー』では、彼女のライバルとなる伝説のダンサー、イサドラ・ダンカンを熱演。胸のラインばっちりの透けドレス姿でのダンスやレズビアン・シーンもこなして、妖艶な美しさを振りまいています。一方、初主演映画『コンビニ・ウォーズ バイトJK VS ミニナチ軍団』では、世界侵略を目指す“ミニナチ軍団”とバトルを繰り広げる女子高生役でコメディエンヌぶりを発揮。さらに、父親ジョニー・デップがあやしい探偵役、弟ジャック・デップがやんちゃな悪ガキ役で豪華競演! ファミリーが総出演していることにより、奇想天外な内容の作品に親子愛がプラスされ、観た後は不思議とあったかい気持ちに!?  エンディングには、ジョニー・デップの演奏をバックに、リリーが歌うという心憎い演出まで。エンドロールの最中に席を立つのは厳禁です!

(C)2015 YOGA HOSERS, LLC All Rights Reserved.

映画『ザ・ダンサー』 6月3日より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、Bunkamuraル・シネマほか全国公開
映画『コンビニ・ウォーズ~バイトJK VS ミニナチ軍団~』 7月1日(土)より新宿シネマカリテほか全国順次公開

体当たりの演技で注目!ダコタ・ジョンソン

(C)2016 UNIVERSAL STUDIOS

父親は、刑事ドラマ『特捜刑事マイアミ・バイス』『刑事ナッシュ・ブリッジス』で一世を風靡したドン・ジョンソン。母親は、映画『ワーキング・ガール』(1988)のヒロイン、メラニー・グリフィス。最近のメラニーは度重なる整形で、顔が不自然になってしまいましたが、メラニーの全盛期のキュートなルックスを再現しているのがダコタ。出世作となった官能映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』では、ヌードでゴネる女優たちが多い中、過激な濡れ場を自ら演じて世間を驚かせました。その続編『フィフティ・シェイズ・ダーカー』に至っては、全裸のシャワーやSMシーンなど、更なる際どいラブシーンに挑戦。お嬢様セレブに終わらない、女優魂を感じさせます!

映画『フィフティ・シェイズ・ダーカー 』 6月23日(金)より全国公開

甘いルックスで爆モテ!スコット・イーストウッド

(C)Universal Pictures

父親はハリウッドの生きる伝説、クリント・イーストウッド。スコットは父親の作品を中心にキャリアを積み、テイラー・スウィフトのヒット曲「ワイルデスト・ドリームス」のPVで相手役を務めたことで、知名度が急上昇。大ヒット・シリーズ最新作『ワイルド・スピード ICE BREAK』では、ミスター・ノーバディの下で働く若きエージェント、リトル・ノーバディ役に抜擢。融通の利かないキャラという設定でコミカルな表情を見せつつ、華麗なドライブ・テクも披露しています。ちなみに、スコットは同シリーズの主役で、2013年11月に交通事故で急逝したポール・ウォーカーの15年来の友人だったとのこと。SF大作『パシフィック・リム』の続編では2番手級の重要な役に起用されており、アクション・スターへの道を着実に歩むスコットの姿を天国のポールも喜んでいるはず!

映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』 4月28日(金) GWよりTOHOシネマズ日劇ほか全国 <超拡大>公開

取材・文/田嶋真理

記事制作 : 田嶋真理

シリーズ