武田玲奈 撮影=伊藤さゆ

出演作続々公開!武田玲奈、“泣ける”映画を背負う意欲『交際記念日』インタビュー

インタビュー

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

文=増當竜也/Avanti Press

5月から6月にかけて4本の出演映画が控えている新人女優がいる。彼女の名前は武田玲奈。2014年にモデルとして芸能活動をスタートし、翌15年には「週刊ヤングジャンプ」で初登場、初表紙という異例の抜擢。同年に映画『暗殺教室』で映画デビューを飾り、さらに2016年4月から女性誌「non-no」の専属モデルに起用されるなど、快進撃を続けている。

続々と出演作が公開される“武田月間”とも呼べるこの期間の幕開けを飾るのが、国内初の“泣けるVR”映画『交際記念日』。全国のネット喫茶やカラオケ、アミューズメントなどの施設でサービスを展開する“VR THERTER”で体験できるVR映画で、5月1日より全国のVR映像体験施設143店舗(2017年3月末時点)にて公開される。

高校卒業を間近に控えた春を舞台に高校生男女の恋愛を描いた本作。その甘く切ない世界を体現するヒロインとして武田玲奈が抜擢された。

「私が演じる沙耶と西銘駿さん扮する太一がひそかにつき合っていて、特別の記念日があって、といった設定でお話が進むのですが、やがて哀しき……といった、胸がキュンとなる切ないストーリーです」。

“泣けるVR”映画と謳われていたことへの不安

『交際記念日』

これまで映画『暗殺教室』(2015年)、『暗殺教室~卒業編~』(2016年)やTVドラマ「監獄学園-プリズンスクール-」など、映像方面では尋常ではない(!?)学園生活を送る役が多かった彼女、今回は高校生としての理想を疑似体験することができたという。

「本格的にこのお仕事を始めるために高校2年の春に上京し、東京の高校に編入したのですが、それ以来ずっと忙しい日々のまま卒業してしまいました。実はこのお話をいただいた時点で“泣けるVR”映画と謳われていたので、すごく不安もあったのですが、概要をお聞きして台本を読ませていただくうちに、私の憧れといってもいいキラキラした高校生活が描かれていたので(笑)、撮影がすごく楽しみになってましたね」。

ただし、VRカメラを用いての撮影には、戸惑うところもあったようだ。

「360度映ってしまうから、スタッフさんが周りに誰もいなくて、教室のシーンならまだみなさんどこかに隠れることもできますけど、校庭のシーンなんてもう私と西銘さんのふたりしかいなくて、遠くから『用意スタート』の掛け声が聞こえてきたら演じ始めて、終わったら窪田崇監督のところまで『終わりました』って言いに行って(笑)。カメラが西銘さん目線になると私ひとりしかいませんので、しかもカメラがすごく間近にあるものですから、その距離感とかも意識しましたね」。

記事制作 : Avanti Press(外部サイト)

関連映画