TriStar Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

実はあのスターもやってた!実写化されたディズニープリンセスたち

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

ディズニープリンセスといえば、老いも若きも女子の永遠の憧れ。最近では『シンデレラ』『美女と野獣』など次々に実写化されていますが、今までどんなディズニーアニメーションが映画として実写化され、誰が演じてきたか。実は意外な大スターがかつてディズニープリンセス&ヒロインにふんしていたことも! 実写化された大人気プリンセスたちの過去とこれからを紹介します。

有名どころのディズニープリンセスは?

 

RKO Radio Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

ディズニーアニメーション作品の中で、女子から圧倒的な支持を受けるディズニープリンセスの中でも、“7姫”と呼ばれ特に人気が高い選抜メンバーがいます。それは、白雪姫、シンデレラ、『眠れる森の美女』のオーロラ、『美女と野獣』のベル、『リトル・マーメイド/人魚姫』のアリエル、『アラジン』のジャスミン、『塔の上のラプンツェル』のラプンツェル。この7人は最強で、最終的に王子様と結ばれた、正真正銘のプリンセス。

(C) 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

中でも『シンデレラ』は特に人気で、憧れのプリンセスの代名詞でもあるため、今まで数々の映画や海外ドラマで『シンデレラ』をモチーフにした作品があります。最も有名なのは、本家ディズニーが実写化したリリー・ジェームズ版の『シンデレラ』。この大ヒットの流れを引き継ぐ作品として、またしても本家ディズニーが実写化したエマ・ワトソン版『美女と野獣』があり、こちらも大ヒット! ディズニープリンセスの鉄板ぶりを見せつけました。

ちょっと変わった物語にチェンジ

Universal Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 ここ数年の実写化ブームにより、ディズニープリンセスが登場する映画は増えましたが、オリジナルを忠実に実写化するのではなく、ちょっとアレンジを加えている作品が多数。『白雪姫』を戦うヒロインとして描いた『スノーホワイト』では、クリステン・スチュワートふんする白雪姫の甲冑姿が斬新で、邪悪な女王役のシャーリーズ・セロンも話題となりました。同じく『白雪姫』をポップでユーモラスに表現した『白雪姫と鏡の女王』では、リリー・コリンズが白雪姫でしたが、邪悪な女王役のジュリア・ロバーツの印象が強すぎでした。『マレフィセント』は『眠れる森の美女』をモチーフにしていましたが、主人公はまさかのアンジェリーナ・ジョリーふんする悪い妖精マレフィセントで、オーロラ姫にはエル・ファニングがふんしていました。

これらの作品は視点を変えた新しい物語として楽しめることと、悪役に大物女優しかもオスカー女優がふんしているという意外な共通点が発見できます。本来脇の存在なのに、オスカー女優たちの熱演により、ある意味プリンセスより目立っている!?

意外なあの大物女優たちも経験者!

TriStar Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 実写化ブームが来る前の洋画全盛期ともいえる90年代にも、ディズニー作品をモチーフにした実写映画はありました。そこでは今となっては意外すぎる大物女優がディズニーヒロインに成り切っていたのです! 『ピーター・パン』のその後を描いた物語で、ロビン・ウィリアムズが大人になったピーター・パンを演じた『フック』。『ピーター・パン』にはプリンセスは登場しませんが、女子に人気のティンカー・ベルがいます。この小さな妖精にふんしたのが、後のオスカー女優ジュリア・ロバーツ。ショートカットで中性的な魅力のあるティンカー・ベルでした。同作でもう一人気になる女性キャラクターのウェンディ。少女時代のウェンディにはグウィネス・パルトロー、さらにおばあちゃん時代はマギー・スミスが演じていたという、これまた二人ともオスカー女優という今となっては恐ろしく豪華な顔ぶれ。

Twentieth Century Fox Film Corp. / Photofest / ゲッティ イメージズ

 『シンデレラ』を比較的忠実に実写化した『エバー・アフター』は、物語の大筋はオリジナルに沿っていますが、ヒロインの名前はダニエルでかなり意志の強い女性。王子様の助けは待たず、自分で何とか窮地を乗り越えるという現代風なアレンジの効いた作品。このプリンセスにふんしたのが、当時ドラッグや自殺未遂という荒れた私生活を吹っ切り、女優として見事復活したドリュー・バリモア。普通なら純真無垢なイメージの女優が起用されそうなシンデレラを、まさかのスキャンダルまみれのドリューが演じるというのが、現代版『シンデレラ』という意味で面白いキャスティングでした。

記事制作 : シネマトゥデイ(外部サイト)

シリーズ