Paramount Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

かわいすぎる!世界のこども映画10選

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

5月といえば「こどもの日」。そこで今週のクローズアップでは、世界の子供映画の厳選10作をご紹介します。かわいい子供たちが、ゴールデンウイーク明けの鬱々とした気分を晴らしてくれるはずです!

『リトル・ランボーズ』

Paramount / Photofest / ゲッティ イメージズ

アニメーション映画『SING/シング』のガース・ジェニングス監督の少年時代がベースとなっているチャーミングな良作。宗教上の理由からテレビや映画を観ることを禁止されてきた11歳のウィルが学校一の問題児カーターと出会い、『ランボー』にインスパイアされた映画を二人で作る過程をつづっています。

本編はウィルが描くキュートなイラストで彩られ、二人の秘密の映画作りを見守るジェニングス監督の温かな眼差しにほっこり。映画と親友はこんなにも人生をきらめかせてくれるんだな~(涙)。ウィルとカーターという正反対の二人の友情、そして邪険に扱われてもひたすら兄思いなカーターに泣かされます。

『落下の王国』

Roadside Attractions / Photofest / ゲッティ イメージズ

“映像の魔術師”と称されるターセム・シン監督が構想27年、CMやミュージックビデオ制作で稼いだ私財を全投入して作り上げた渾身の一作。死を望む入院中のスタントマン・ロイ(リー・ペイス)が幼い少女アレクサンドリアを操るために始めた虚構の物語が、やがて“二人の希望”となっていくさまを、世界24か国以上で撮影された目もくらむほど美しい映像で描いています。

何と言っても監督が10年かけて探したというアレクサンドリア役、カティンカ・ウンタルーの愛らしさがハンパじゃない! 笑顔も泣き顔も、化粧中のナースに「きれいだよ」と声を掛けるときの何だかおじさんみたいなニヤリとした笑いも、ロイを愛情いっぱいに見つめる姿もとにかくかわいい。映画を観たらアレクサンドリアの声真似をして「アングリーピーポー」「アメリカーナエキゾティカ」と連呼してしまうはず(コレ、観れば絶対わかってもらえると思います)。

『トムとトーマス』

別々の環境で暮らしてきた幼い双子の兄弟が運命に導かれるように再会を果たすも、人身売買事件に巻き込まれ、互いを守るために奮闘するアドベンチャー。一人二役で双子のトムとトーマスを演じたのは、『キック・アス』のへっぽこ主人公役で知られるアーロン・テイラー=ジョンソンです。子役時代のアーロンはその愛らしさに加え、演技力の高さも遺憾なく発揮しています。

『コーラス』

Miramax / Photofest / ゲッティ イメージズ

問題児ばかりの寄宿学校に転任になり、彼らに合唱を教えることになる音楽教師の姿を描いたフランス映画。実際にサン・マルク少年少女合唱団のソリストを務めていた少年をメインに据えており、その歌声はまさに天使(見た目も天使)! 複雑な事情を抱えた少年たちと、そんな問題児たちに悩まされても彼らを支えることをやめない教師たちの関係は涙を誘います。

『飛ぶ教室』

「エーミールと探偵たち」などで知られる作家エーリッヒ・ケストナーの同名小説を基にしたドイツ映画。退学を繰り返し、少年合唱団で有名な聖トーマス校の寄宿舎に編入することになった少年ヨナタンが、ルームメイトたちと友情を築き、一緒にクリスマス劇を上演するまでをつづっています。ルームメイトたちは個性豊かで、ヨナタンと“歌うロビン・フッド”ことマルティンのちょっと大人な二人、そして力自慢のマッツと小柄なウリーという正反対の二人という2タイプの友情を同時に楽しめるのが魅力。一対一の決闘をしたマッツの腕に「心配したよー」と飛び込んでくるウリー、かわいすぎです。

記事制作 : シネマトゥデイ(外部サイト)

シリーズ