「あさが来た」で女性を虜にした“おディーン様”の妻子愛に溢れた素顔

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

NHK朝ドラ「あさが来た」(2015年)の五代友厚役で日本中の女性たちを虜にし、“おディーン様“の愛称で人気沸騰中のディーン・フジオカ。2005年に香港映画で主演を務めて以降、俳優、歌手、映画監督としてマルチな活躍を見せ、5つの言語を自在に操り、国際派スターとしてのステータスを確立してきました。

そんな“おディーン様”のプライベートの顏は、愛に溢れた夫で子煩悩なパパ。日本でのブレイク前から既に妻子がおり、トーク番組や情報誌などで家庭のことを質問される度、包み隠さず語る姿が世間に好印象を与えてきました。気になる妻や子供たちの情報と共に、胸キュン必至の彼の家庭的な一面をご紹介致します。

“ジャカルタの虎”の異名をもつ妻

妻のヴァニーナ・アメーリア・ハイダヤットさんは、フジオカより二歳年上のアジアンビューティー。実家は福建省系の華僑で、国籍はインドネシア。フジオカとは台湾でモデル活動をしていたときに出逢ったそうです。

フジオカはTBS系列「ぴったんこカンカン」に出演した際、ヴァニーナさんの印象について「ジャカルタの虎」と語ったことがありました。フジオカ曰く、ヴァニーナさんは「言葉は少ないが、発言がストレートで要点を突いている」女性で、「エキセントリックな人」。「ジャカルタの虎」の異名にはそのような意味が込められているのかもしれません。フジオカの本名は“藤岡竜雄”ですが、竜と虎のカップルなんて、なんだか運命的でお似合いです。

日本テレビ系列「しゃべくり007」でのフジオカの話によると、ヴァニーナさんはストリートチルドレンをコンビニに連れて行き、好きなものを買い与えてあげたりするのだとか。そしてドラッグに手を染めたりせず学校へ行きなさい、と諭すそうです。ヴァニーナさんは弱いものを守る懐の大きさを備えた正義感の強い女性なのでしょう。

結婚したことで人生が変わり始めたというフジオカ。TBS系列「Aスタジオ」に出演した際には、「“家”という概念をわからせてくれたという意味で、彼女と出会えてよかったなと思いますね」と、ヴァニーナさんへの感謝を吐露しました。

プロポーズは帰国の朝に玄関で

二人は共通の友人の紹介で台北で知り合い、初対面のときから「運命的な出逢いだ」と感じ合ったそうです。フジオカの話によると初めて会ったときのヴァニーナさんは「真っ赤なジャケットを着て、夜なのにサングラスをかけていた」とのこと。とても鮮烈な印象を与えたようです。逆にヴァニーナさんはフジオカの印象について、「自分が知っていた日本人とは違い、ファイヤーボールみたいな人」と語っています。きっとフジオカのバイタリティや行動力を「ファイヤーボール」に例えているのでしょう。

そんなフジオカのプロポーズはまるで胸キュン映画のワンシーンのよう。台北での撮影を終えて日本に帰国する日の朝、部屋を出ようと“キスグッバイ”した際、様々な感情が込み上げてきて愛しさが募り、「このまま帰っちゃだめだ」と感極まって、玄関で「結婚しよう」とプロポーズしたそうです。“おディーン様”のファンのみならず、世界中の女性がドキドキしてしまいそうな素敵な逸話です。

毎晩必ず「アイラヴユー」を伝える二男一女のパパ

NHK「あさが来た」のプレミアムトークショーで、司会から双子の父親であることが紹介され、「パパでーす」と満面の笑みで答えたフジオカ。双子は男女の二卵性で、2014年10月1日生まれ。さすが美男美女の間に生まれてきた子供たちだけあって、はっきりとした端正な目鼻立ちです。これまでメディアにはフジオカが双子用のバギーを押す姿や、圧倒的な歌唱力で子守唄を唱う動画が公開され、そのイクメンぶりが話題となりました。

さらに今年2017年3月11日には、自身のインスタグラムにて、第3子の誕生を発表。性別は男の子だそうです。報道番組への不定期出演など、新境地を開拓し続けるフジオカにとって、新しい命の誕生は大きな心の支えとなることでしょう。一部報道によると、ヴァニーナさんにはフジオカと出逢う前に息子を生んでおり、彼は既に成人しているそうです。フジオカはこの件について、「その子は私の大切な家族の1人です」と語り、家族として愛情を注いでいることを明かしています。

「Aスタジオ」に出演した際、「家族と一緒に住めて、仕事も継続できる場所に定住したい」と答えたフジオカ。現在、愛する家族はジャカルタ在住のため、なかなか簡単には会えない模様。しかし忙しい中でも、様々な手段で毎日コミュニケーションをとり、寝る前に必ず「アイラヴユー」を伝えるのだとか。堂々と家族思いの一面を公表するところも、男らしさに溢れています。

そんな愛妻家でイクメンのディーン・フジオカが、なんと主演最新作『結婚』(2017年)では、結婚詐欺師を演じます。結婚をめぐり、騙す男と騙される女たちの孤独と欲望を描いた大人好みの本作。アイデンティティを偽りながら様々な女性たちを翻弄する役どころをフジオカがどのように演じきるのか気になるところ。劇場で、あなたもフジオカの誘惑に騙されてみては。

(桃源ももこ@YOSCA)

記事制作 : YOSCA

関連映画

マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。