川谷絵音、復帰後も絶好調!? ドラマ劇伴決定、ボカロPユニット結成と話題続く

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

未成年との飲酒デートにより昨年12月から活動自粛していたミュージシャン・川谷絵音が、4月16日に活動再開をインスタグラムで宣言しました。ベッキーとの不倫を皮切りに2016年は連日ワイドショーを騒がせた川谷ですが、活動復帰後はいろいろな仕事が続き、なんだか順調そうな様子です。

「またファンの皆さんに良い音楽を届けれるように」

昨年12月8日より休止状態にあった川谷のインスタグラムですが、今年4月16日に4カ月以上ぶりに更新されました。活動自粛にともない発売延期になっていた、所属バンド・ゲスの極み乙女。の新アルバム「達磨林檎」が5月10日にリリースにされることを告知するとともに「メンバー4人でまたファンの皆さんに良い音楽を届けれるように頑張ります」(原文ママ)と宣言しました。

しかし、川谷バッシングの空気はかなり強いものでした。復帰しても今後の芸能活動はかなり厳しいものになるのでは……と思いきや、なんだかそうでもない様子? 6月6日よりフジテレビの動画配信サービス「FOD」で配信されるドラマ「ぼくは麻理のなか」(全8話)の劇中音楽を担当することが決定。さらにオープニングテーマには、川谷が率いるロックバンド・indigo la Endの楽曲「鐘泣く命」が起用されました。

同バンドは、7月12日に新アルバム「Crying End Roll」をリリースする予定に加え、6月23日に東京・六本木EXシアターにてワンマンライブを開催することが決定。8月19日に音楽フェス「SUMMER SONIC 2017」の大阪会場・舞洲SONIC PARK (舞洲スポーツアイランド)のステージに立つことも決まっていますが、翌20日には川谷は今度はゲスの極み乙女。として同じ会場に登場します。

「ワイドナショー」出演で好感度アップ?

5月7日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」では、約10カ月ぶりの地上波テレビ出演を果たしました。「テレビで話題になっているのが自分じゃないような感覚だったから。自分で話す場が必要と思った」として、ベッキーとの不倫スキャンダルや飲酒問題についても語りました。真摯な語り口によって、ネット上では「好感度が上がった」という声も上がっています。

直近の話題となると、川谷はゲスの極み乙女。・ベース担当の休日課長とボカロPユニット・学生気分を結成。5月29日、「達磨林檎」の収録曲である「小説家みたいなあなたになりたい」のアレンジバージョンをニコニコ動画にアップしました。なんだか手広くいろいろ楽しそうにやっているじゃないですか……!

ライブ活動なしは“活動自粛”なのか?

確かにライブはしなかったものの、活動自粛中も完全に姿を消している印象はなかったというのが本音です。休日課長も所属するロックバンド・DADARAY(ダダレイ)の楽曲制作を手掛けていましたし……。表舞台には出なくとも、音楽活動はおこなっていました

考えてみれば、わざわざ“活動自粛”と銘打たずとも、楽曲制作などに専念するためミュージシャンがしばらくライブを行わないというのは珍しくないことです。それはワイドショーでも何度も指摘されている部分で、歌手のmisonoも「アーティストなら普通」とビシッと指摘していました(「ワイドナショー」5月8日放送回)。

なんだかモヤッとする話ではありますが、海外だと、スキャンダルやら逮捕歴があっても大活躍しているミュージシャンは多くいます。才能と私生活は別ですし、復帰を果たした川谷も今後活動を続けていけば、いずれ「20代の頃はそんなこともありました」と全部を笑い話にできる日が来るのかもしれません。

(文/原田美紗@HEW)

ゲスの極み乙女。のディスコグラフィをチェック!
「タワーレコード オンライン」なら、ドコモのケータイ払い+が使える!
dポイントが貯まる!使える!

記事制作 : dmenu映画