やっぱ日本の特撮ヒーロー、アメリカでもアツかった…!?現地に行ってみた

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

今年も特撮ヒーローがアツい夏が来る!「仮面ライダー」「スーパー戦隊」シリーズ恒例となった夏の劇場版が控え、「仮面ライダー」テレビシリーズは秋に向けてクライマックス。そして今年は「スーパー戦隊」のアメリカ版である映画『パワーレンジャー』が公開される。例年よりにぎやかになりそうな今年の夏を前に、果たしてアツいのは日本のファンだけなのか。そんな疑問を胸に米国・ロサンゼルスに飛び立った……。

まったくはしゃいでいるように見えない件

唐突なる渡米。東映の方からお借りしたハッピを着てハリウッドサインの前ではしゃいでいる間に、ジャパニーズヒーロー好きのアメリカ人・スコットさんが、車をかっ飛ばして待ち合わせ場所に来てくれた。うっかり取材日を勘違いしていたスコットさんだったが、たぐいまれなる臨機応変さでやって来た。しかもでっかいピザをご馳走になってしまった。「僕が日本に行くと日本の友達が僕を歓迎してくれる。同じように僕もアメリカに来てくれた友達をもてなしたいんだ」なんて笑ってる!This is an American nice guy ~!

お話をうかがったスコットさん

そんなこんなで取材を引き受けていただいたスコットさんは、おもちゃのコレクターであり、アメリカで2年ごとに開催される「パワーレンジャー」のコンベンション「パワーモーフィコン」や日本の特撮ものを扱う「ジャパン・ワールド・ヒーローズ」などの主催者。あらゆる日本のヒーローを知り、今は日本で放送中の「宇宙戦隊キュウレンジャー」がお気に入りとのこと。これはアメリカの特撮ファンの実態を探れそうだぞ!

車窓から激写した看板。画質よ…

取材は3月。ちょうど現地では映画『パワーレンジャー』の公開が迫り、街には大きな看板がたくさん。「パワーレンジャー」というのは、「スーパー戦隊」のアメリカ版ローカライズ作品として24年続くシリーズ。「恐竜戦隊ジュウレンジャー」をもとに制作がスタートして以降、日本で放送された戦隊をベースに物語が作られている。それが今回、ハリウッドで映画化。シリーズ1作目のリブートとなり、現代的かつ本格的なアクションヒーローものとして生まれ変わる。

と、映画サイトらしく紹介したみたものの、ファン心としては“リメイク”とか“キャスト変更”とか完全に不安になる響き。スコットさんに率直な意見を尋ねてみた。「期待しているよ。予告編も観たけどすごくよかった。一部には自分が観ていたシリーズが一番でそれ以降を認めないような、新しいものすべてに偏見を抱くファンもいるけど(笑)。でも、いつでも初めて観たシリーズが自分の思う“パワーレンジャー”になるものだよね」。ぐ、ぐぬぬ。

記事制作 : シネマトゥデイ(外部サイト)

シリーズ

関連映画