Buena Vista Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

ズバリあの映画はおいくら?史上最高額から限りなく0円に近い映画まで

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

普段何気なく観ている映画。“超大作”や“低予算”と言われても、イマイチピンと来ない方も多いのではないでしょうか。昨今の映画業界では、大手スタジオがヒットを狙って莫大な資金を注ぐ大作か、まだ無名のドリーマーたちが手掛ける低予算のインディペンデントか、という具合に二極化していっているのです。映画の製作費を知ったら、その作品の観方も変わるかも? そんな映画の製作費事情をご紹介します。

史上最高額の製作費がかかった映画は…?

これまでにつくられた映画の中で最も高額だったのは、ジョニー・デップ主演の人気シリーズ第3弾『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』(2007)で、製作費なんと3億4,100万ドル(約375億1,000万円・1ドル110円計算)。それに続く作品は下記のようになっております(Business Insider 2016年度調べ・インフレ反映済み)。

1位『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』(2007)3億4,100万ドル(約375億1,000万円)

2位『クレオパトラ』(1963)3億4,000万ドル(約374億円)

3位『タイタニック』(1997)2億9,440万ドル(約323億8,400万円)

4位『スパイダーマン3』(2007)2億9,100万ドル(約320億1,000万円)

5位『塔の上のラプンツェル』(2010)2億8,170万ドル(約309億8,700万円)

豪華絢爛!テイラー様主演『クレオパトラ』 - Keystone-France / Gamma-Keystone via Getty Images

エリザベス・テイラー主演のスペクタクル史劇『クレオパトラ』は、監督・キャストの交代、ロケ地の変更による大掛かりなセットの建て直し、テイラーのスキャンダルなどトラブルが相次ぎ、製作費が膨れ上がったと言われています。映画はヒットしたものの、興収は高くつきすぎた製作費には及ばず、20世紀フォックスを倒産の危機に追い込んだとまで。

また、人気を博したシリーズの続編ほど、キャストの維持などにお金がかかるため製作費が上がるとされており、『パイレーツ・オブ・カリビアン』や『スパイダーマン』もそれにあてはまるのでしょう。一方、アニメ作品ながらも5位にランクインしたのがウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの『塔の上のラプンツェル』。伝統的な手描きアニメと、CGIアニメ(Computer Generated Imagery)を組み合わせた複雑な手法を用いたために、ここまで莫大な金額がかかったとされています。さすがディズニーアニメーション……!

『アベンジャーズ』新作が歴代記録を更新?

今度は67人も! - Walt Disney Studios Motion Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

そして、一大ブームを巻き起こしている『アベンジャーズ』シリーズの第3弾『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー(原題) / Avengers: Infinity War』(全米公開2018年5月4日)には、総勢67人ものヒーローが登場すると言われており、史上最高の製作費を更新するのではないかとささやかれています。確かに主役級のスターが一挙に集結したらギャラだけでもすごいことになりそうですね。

記事制作 : シネマトゥデイ(外部サイト)

シリーズ

関連映画

マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。