『メアリと魔女の花』- (C)2017「メアリと魔女の花」製作委員会

美しさに恋する。ジブリ時代から続く米林監督の手描きイズム『メアリと魔女の花』-スタジオポノック取材

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

米林宏昌監督がスタジオジブリを卒業して、初めて手掛けるアニメーション。

この夏、アニメファンから最も注目を浴びている1本、映画『メアリと魔女の花』(7月8日公開)を制作しているスタジオポノックは、並木道から小さな子供たちの声が聞こえてくる穏やかな場所、東京・武蔵境に位置するビルにひっそりと存在する。スタジオの中に入ると目に映るのは、30台を超えるアニメーターたちのための作業机。CG技術が発達していくアニメ業界の中で、手描きの美しさを追求するスタジオポノックの内部をのぞいてきた。

スタジオポノック

昨年12月に開催された『メアリと魔女の花』製作発表記者会見で、西村義明プロデューサーは「彼(米林監督)のスタジオジブリ人生のすべてを注ぎ込む作品になると思っています」と語っていた。その『メアリ』を作るべくスタジオポノックは、2014年にジブリを退社した西村氏が、2015年4月に設立したアニメーション制作会社。広さはオフィスビルの2階分。意外にコンパクトな場所かと思われるだろうが、このスタジオだけで原画・動画・仕上げ・撮影・美術とアニメーション制作におけるほぼすべての行程が行われている。現在は「仕上げ」作業の真っ最中(取材時6月初旬)で、パソコンを使い彩色作業を行っているスタッフの方々の姿が見受けられた。

彩色作業を行うスタッフ

ここで「あれ、作業はパソコン中心なの?」と思った人もいるかもしれないが、スタジオポノックで制作されている『メアリと魔女の花』は手描き作業がメイン。その要素は、キャラクターたちの背景としてスクリーンに映し出される美術の色彩美にも表れている。『メアリ』は田舎に引っ越してきたヒロイン・メアリが“魔女の花”を見つけたことで物語が動き出すが、彼女が動き回る絵本の挿絵のような世界の背景美術は手作業で描かれている。

思わず見とれてしまう背景の美しさよ……

それぞれの「背景」の大きさは、作画のレイアウトに合わせたものから大判のものまでさまざま。作業は細やかで間近で見れば見るほど葉っぱ1枚にも色の濃淡が存在し、「緑」だけでも一体何十色存在するのか読み取れないほど。その繊細さゆえに、大きな劇場のスクリーンで映えるが、描き込みすぎない背景を意識しているという。『メアリ』の背景に関しては、世界がうなった背景美術を残していこうと川上量生氏、庵野秀明氏、西村義明プロデューサーによって設立された背景美術スタジオの「でほぎゃらりー」が総力を挙げて参加している。

  映画で展開する色鮮やかな世界

記事制作 : シネマトゥデイ(外部サイト)

シリーズ

関連映画

マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。