(C)2017 映画「22年目の告白―私が殺人犯です―」製作委員会

未解決の“連続殺人”を描いた映画『22年目の告白』は、「被害者遺族」のイメージを塗り替える!?

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

現在大ヒット上映中の『22年目の告白―私が殺人犯です―』。面白さの秘密は、パワフル&スピーディな描写と展開。そして、1995年という日本が大きな転換期を迎えた時代を舞台にした深く豊かな視点の融合にある。量と質を兼ね備えたエンタテインメント作品としてのエネルギーが、映画を体感する側にも真っ直ぐに伝わってくるのだ。さらに本作には「被害者遺族」を従来のイメージから変換させた意欲的な試みがある。

出発点は、日本が揺れ動いた1995年

神戸の地震と地下鉄サリン事件で日本が大きく揺れ動いた1995年。物語の発端は、この年に起きた猟奇的な連続殺人。同事件は未解決のまま時効を迎えたが、発生から22年後、殺人犯・曾根崎雅人が告白本『私が殺人犯です』を発表する。その本はセンセーショナルな宣伝を展開し、男は一躍時代の寵児となる。日本中を狂わせる曾根崎の本当の目的とは? 事件の被害者でもある刑事や、事件を追い続けるジャーナリストも巻き込んで、映画は怒涛のハイテンションで突き進んでいく。

映画『殺人の告白』を基にしながらも、安易なリメイクではなく、日本独自のドメスティックな色合いを施しているのが本作の魅力の一つ。不安が充満していた1995年当時の時代の気分が映画のベースに濃厚に漂っているからこそ、不穏な空気の現代もより際立ってくる。

時代は変わっても、人の好奇心は変わらない

インターネットが普及し、大きく時代は変化したが、22年前も現在も、大衆の心をざわつかせる事象は何も変わらない。22年前のテレビであれ、2017年のSNSであれ、人はワイドショー的なスキャンダルに嬉々として飛びつく。ネットニュースのスクープで秒単位で盛り上がる昨今の状況だが、「事件の真相は何か?」という、ある意味古風と言っていいミステリーであるにもかかわらず、本作はこれでもかと観客を刺激してくる。言ってみれば、「野生の本能」とも言える人間の好奇心を焚きつけるために、本作はあらゆる方法を駆使して、観客を楽しませるのだ。

その方法のひとつが、「被害者遺族」のイメージを塗り替えること。ネタバレに直結するため、詳細は伏せざるをえないが、ここで描かれる「遺族」は、単に悲劇の受難者には留まらない。意外なかたちで、事件解決のための反撃に打って出る。多くのフィクションでも、現実でも、可哀想の一言で片付けられてきた存在の、きわめてポジティヴな抵抗が、観客にかつてない高揚を与える。社会的なテーマを扱った日本映画にありがちな湿っぽさが一掃されているのは、こうした前代未聞の高揚感によるところが大きい。建前主義で、常識におもねり空気を読む、つまり「忖度」することが日常と化している現代社会への痛烈なメッセージも感じられる。

もう一つの特色をあげるとすれば、この映画は事件の真相が明らかになった以降も、面白さが持続すること。いや、むしろ、さらに高まっていく。真相が判明したからといって、事件そのものが解決するわけではない。不安で、不穏な時代の正体は何もわからないまま。それでも、私たちは好奇心を捨てずに、時代の真実を追いかけていくことになる。

後味の悪くなさもまた、本作の持ち味と言えるだろう。いわゆるシンプルな勧善懲悪の物語ではないにもかかわらず、私たちの好奇心はいつも「人間」という不思議な生き物に向かっていることを教えてくれる。だからこそ、『22年目の告白-私が殺人犯です-』は娯楽映画として強力なエナジーを放っているのだ。

文/相田冬二@アドバンスワークス

記事制作 : アドバンスワークス

関連映画

マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。