第二の吉岡里帆!? 朝ドラ「ひよっこ」でブレイクのモデル・佐久間由衣って?

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

4月より放送中のNHK連続テレビ小説「ひよっこ」に、ヒロイン・有村架純の親友役として出演している佐久間由衣。同作の女優キャストの中でいちだんと背が高く、キリリとした美人顔で目立つ彼女をみて、「あの子は誰?」と気になっていた人も多いことでしょう。

そんな注目度急上昇中の佐久間とは、一体どんな人物なのか? これまでの活動や人となりを追ってみました。

雑誌専属モデルから女優へ…自分の魅せ方をストイックに追求

現在22歳で、170cmの長身を誇る佐久間は、ローラやトリンドル玲奈などの人気タレントを輩出した女性ファッション誌『ViVi』のモデル出身。デビューは2013年で、専属モデルオーディションでは、応募総数4158名の中からグランプリに選ばれたという逸材です。

スッとまっすぐで黒い眉と凛とした瞳で、透明感とアンニュイな雰囲気を漂わせている佐久間。そのビジュアルを活かして、CMや映画、ドラマでも少しずつ活躍していきます。ガールズラブをテーマにしたフジテレビ系土曜ドラマ「トランジットガールズ」(2015年)では主役に抜擢され、義妹とのキスシーンや入浴シーンを披露するなど、体当たりの演技をみせつけました。

今年の3月には、女優の仕事に専念するために『ViVi』を卒業。佐久間は同誌の公式サイトで、その胸の内を語っていました。小さい頃から女優に憧れていたという彼女は、自身が出演したドラマのオンエアを観ては反省し、芝居の勉強をするためにワークショップへ通ったりもしたそうです。

「怒りや悲しみの感情表現って、自分の経験の中から探り当てようとしても、全然足りなかったりする。自分をとことん追い込んでいく必要もある」と、演技に対する心構えをストイックに語っていました。

朝ドラと『ゼクシィ』のコンボで大ブレイクの兆し

そんな佐久間にとって、2017年はまさに飛躍の年になりました。オーディションを勝ち抜いてNHK朝ドラ「ひよっこ」への出演を決めただけでなく、結婚情報誌『ゼクシィ』の10代目CMガールにも選ばれ、テレビへの露出度が一気にアップしました。

ちなみに、9代目を務めたのは、NHK朝ドラ「あさが来た」でヒロインの娘の親友役を務めて人気を博した吉岡里帆。彼女は7月からはTBS系「ごめん、愛してる」で主役の長瀬智也の相手役を演じるという活躍ぶりです。佐久間も彼女と似た経緯を辿り、多数の話題作に出演することになるかもしれませんね!

佐久間がウェディング姿で出演した『ゼクシィ』のCMは、「結婚しなくても幸せになれるこの時代に、私はあなたと結婚したいのです」という、時代を反映しつつまっすぐな願いを語るコピーで大きな反響をよんでいます。これを佐久間は少女のようなかわいらしさを宿した声で読み上げており、SNSなどには佐久間の声が泣けるほど合っているといった、視聴者の声が多く上がっています。

「ひよっこ」出演決定は“5秒間くらい”嬉しかった!?

6月10日放送のNHK「土曜スタジオパーク」にゲスト出演した佐久間は、「ひよっこ」に出演が決まった時の心境を聞かれ、「すごい嬉しくて、5秒間くらい嬉しかったんですけど……」と、おっとりとした調子で語りました。

なぜ5秒間なのか? と、共演者たちは一瞬拍子抜けした様子でした。しかし、それはストイックな佐久間ならではの感覚のよう。喜びも束の間に、“ああ、このままではいけない”と、役の勉強をしようと意識を切り替えたそうです。

「ひよっこ」は1960年代に東京へ集団就職した少女たちの奮闘を描いたドラマ。佐久間は勝ち気で女優を夢見る美少女・助川時子を演じています。女優を目指して邁進していく姿には、佐久間自身も共感できる部分が多かったのかもしれません。顔をくしゃくしゃにして泣いたり、大口を開けて笑ったり……。喜怒哀楽の激しい時子を、表情豊かに演じ切っています。

テレビやイベント出演時には、いつもおっとりとした口調で話している佐久間。しかし、自分には常に厳しくある性格のよう。今後もその性格を活かして、さらなるステップアップが期待できそうです!

(文/藤岡千夏@H14)

記事制作 : H14