劇場版「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」は新宿バルト9ほか全国にて公開中
(C)T-ARTS / syn Sophia / エイベックス・ピクチャーズ / タツノコプロ / キングオブプリズムPH製作委員会

48歳男性 “映画は1人で観る派”『キンプラ』応援上映してみました!

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

文=平辻哲也/Avanti Press

参加型鑑賞スタイル ~アラフィフ男、応援上映へゆく~

EXILE TRIBEらイケメンが総出演し、不良たちの熱き闘いを描く『HiGH&LOW』でもお馴染みの応援上映。観客がサイリウムを手に、スクリーンに向けて、思い思いのエールを送る映画鑑賞方法だ。今、『KING OF PRISM –PRIDE the HERO-』(キンプラ)というイケメンばかりが登場するアニメでの応援上映が女子の「キャー!」という歓声とともに、大盛り上がりを見せている。東京・新宿バルト9でロングランヒット中の『キンプラ』を、“映画は1人で観る派”の48歳おっさんが見ると、どうなるか? 女子ばっかのなかで鑑賞してみました。

『キンプラ』スタンドとアラフィフおっさん

応援? あ、応援は好きですよ。と、カンタンにこの仕事を引き受けてしまった、ジェフユナイテッド市原・千葉のサポーターの48歳、アラフィフおっさん、です。

サッカーの応援は毎週のように行っているが、映画の応援上映というのは初めてだ。しかも、10代の女の子に大人気のアニメとは……。言ってみれば、完全アウェイである。しかし、サッカーにおいては、アウェイに乗り込んで、勝利することにこそ、意味があるのだ!

そんなことを思いながら、まずはネット予約。いきなりビックリした。ある土曜日の回、『キンプラ』応援上映には、残りわずかを示す「△」マークばかり。14時10分の回をクリック。前列の3列を除いて、後ろはほぼ埋まっている。とりあえず、C-10席を抑えた。料金は一律1600円。通常の一般料金より200円も安い。価格も「応援価格」なのか、と一人納得する。

新宿バルト9のチケット掲示板

あえて、一切予備知識を仕入れず、いざ、アウェイへ(笑)。土曜の新宿バルト9となると、チケットの自販機には大行列だ。1階よりも、9階の方が穴場。こちらはすんなり。まずは、証拠写真とばかりに、『キンプラ』のスタンドの前で自撮りする。キャラクターとは初対面。こんなキラキラしている男の子が主役なんだ。正直、ちょっと恥ずかしかった(笑)。

シアター6へ行くと、若い女の子たちがサイリウムを片手に中へ入っていく。ごめん、こんなおっさんが見てもいいのだろうか。コスプレした若いカップルがいたので、声をかけてみる。「写真を撮らせてくれますか?」というと、快諾してくれた。女の子は「今日で6回目」という。入場時には、キャラが描かれたプラスティック製のウチワをもらうが、誰かも分からん(笑)。こんな入場者プレゼントも人気の秘密なのだろう。

写真を撮らせてくれたカップル。『KING OF PRISM –PRIDE the HERO-』新宿バルト9での応援上映にて

記事制作 : Avanti Press(外部サイト)

関連映画

マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。