Larry Busacca gettyimages/ヒュー・ジャックマン&デボラ・リー・ファーネス ハリウッドのナイスガイ、ヒュー様!

結婚・離婚が繰り返される、ハリウッドでは貴重!? 今もラブラブな“おしどり夫婦”

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

華やかなショービズ界に生きるスターたちは結婚・離婚を繰り返し、愛のスパンが速いことが常だけど、もちろん長続きしているおしどりカップルも多くいます。そんなハリウッドスター夫婦をご紹介!

ヒュー・ジャックマン&デボラ・リー・ファーネス(1996年~)

『LOGAN/ローガン』が公開中のヒュー・ジャックマンの奥様はオーストラリア時代に出会って結婚した女優のデボラ・リー・ファーネス。彼女が主演のドラマに脇役で出演することになったヒューは、当時、駆け出しだったにも関わらず13歳年上でしかも格上のデボラにアタックして1996年に結婚しました。今ではヒューは世界的に有名なスターになりましたが変わらずラブラブ! 売れっ子になると苦労を共にした妻を捨てて若い女に走ったりする男性も少なくないのに、ヒュー様、素敵です。

ケヴィン・ベーコン&キーラ・セジウィック(1988年~)

Kevin Winter gettyimages/今でも恋人同士のようなケヴィン&キーラ

ケヴィン・ベーコン&キーラ・セジウィックは『レモン色の空』での共演をきっかけに交際がスタートし、1988年に結婚。キーラの主演ドラマ「クロ―ザー」の監督をケヴィンがしたり、夫婦そろってウィル・アイ・アムのMVに出演したりと、現在も公私にわたる良きパートナーぶりを発揮。しかもケヴィンはインスタグラムに「結婚9855日目おめでとう!」や「結婚して1404週目だって君に言ったっけ?」とのメッセージ付きで当時の写真を投稿したりと仲睦まじさを見せつけています。

トム・ハンクス&リタ・ウィルソン(1988年~)

トムにとっては再婚の、リタにとっては初婚となったふたりは88年に結婚。その後、トムは『フィラデルフィア』と『フォレスト・ガンプ/一期一会』で連続してアカデミー賞主演男優賞を受賞して、人気と実力を兼ね備えたトップスターに! リタはトムにとって幸運の女神なのかも!? ちなみに結婚後も『めぐり逢えたら』、『すべてをあなたに』などで共演しています。

ジョン・トラヴォルタ&ケリー・プレストン(1991年~)

70年代には18歳年上のダイアナ・ハイランドとパートナー関係だったジョン・トラヴォルタだけど、彼女と悲しい死別を経験した彼は、91年に8歳年下のケリー・プレストンと結婚。ジョンが信仰するサイエントロジーの創始者L・ロン・ハバート原作の『バトルフィールド・アース』で共演して酷評を受けたり、ジョンのスキャンダルにも夫婦の絆はビクともせず、夫のすべてを受け入れて順調に愛を育んでいるふたり。2010年には第3子が誕生しています。

マイケル・J・フォックス&トレイシー・ポラン(1988年~)

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズや『摩天楼はバラ色に』などで一躍ブレイクしたたマイケル・J・フォックスは、人気絶頂の88年に女優のトレイシー・ポランと周囲の反対を押し切って結婚。現在、マイケルはパーキンソン病と闘いながら講演会などの活動をしていますが、それを陰ながら支えているのがトレイシー。マイケルが初期に病に悩みアルコールにおぼれたときも献身的にサポートして看病。今、彼が病を公表し、前を向いているのは彼女のおかげとも言えるかも。

文=安藤千晴

記事制作 : 熊谷真由子

シリーズ