(C)third window films

伊藤沙莉、須賀健太、韓英恵…元“天才子役”が花咲くブラックコメディ映画『獣道』

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

7月15日に公開を控える『獣道』は、閉鎖的な地方社会を舞台に、新興宗教、ヤクザ、性産業等を扱うブラックコメディです。撮影には地元の不良少年たちが参加し、地元警察が動いたという異例のエピソードをもついわく付きの作品です。

そんな骨太ストーリーを支えるのは、子役の頃から活躍する実力派若手俳優の面々。話題ドラマに出演し「天才子役」と呼ばれた伊藤沙莉、確かな演技とルックスで人々を魅了し続ける須賀健太、映画界の巨匠たちから愛される韓英恵。本作を彩る三者三様の元子役にフィーチャーします。

かつてのいじめっ子は天才女優・伊藤沙莉

(C)third window films

本作では信仰ジャンキーの母のもとに生まれ、社会からドロップアウト、それでも自分の居場所を求めて彷徨う少女・愛衣を演じている伊藤沙莉。作中で披露している金髪ヤンキー姿からはピンとこない人が多いかもしれませんが、ドラマ「女王の教室」(2005年)で志田未来扮する主人公をいじめるクラスメイトを演じ、注目を集めた元子役です。

「女王の教室」(2005年)以降も、「GTO」(2014年)や「怪盗 山猫」(2016年)で演じるハスキーボイスのいじめっ子役が定評を得ますが、本人は「トランジットガールズ」(2015年)出演時のインタビューで、「声が低いのを気にしている」「自分は自信があるタイプではない」と語り繊細な素顔を覗かせています。また、「その『おこだわり』、私にもくれよ!!」(2016年)で共演した松岡茉優とは、同年齢でありほぼ同期。松岡が「A-Studio」(TBS系列)に出演した際はインタビューを受け、容姿に自信がないことを松岡に相談すると「あなたは顔がいいわけじゃないんだから演技を頑張れ」と励まされたことを明かしました。

近年では「トランジットガールズ」(2015年)でガールズラブに、「REPLAY & DESTROY」(2015年)でギャグ要素の強い演技に挑戦するなど、今作の内田英治監督に「あとから効く薬みたい」と評される演技で活躍の場を広げています。

日本中を虜にした誰もが知る元子役・須賀健太

(C)third window films

4歳で子役デビューを果たした須賀健太は、「人にやさしく」(2002年)で香取慎吾らに育てられる少年・明を演じ、愛らしい笑顔で人気を集めました。その後も「喰いタン」シリーズや、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズでの純朴な少年役など話題作への出演が続き、順調にキャリアを積んでいきます。しかし一方で、大きくなっても子役のイメージが払拭できないことに悩んでいたと言います。

そんな中、『スイートプールサイド』(2014年)で毛が生えないというコンプレックスを抱えている男子高校生を演じるために、髪の毛以外の全身の毛を剃り役者魂を見せつけます。この時「今までにない自分を表現できた」と手応えを感じた須賀。その後出演した『シマウマ』(2016年)では、自身初となる悪役である快楽殺人者を演じ、新境地を開拓しました。

本作では愛衣に恋する不良少年・亮太を演じ、監督から「不良・須賀健太に不安があったが、芝居を見た瞬間に安心した」と言われる高い演技力を見せています。本人は、エキストラとして参加していた不良少年たちのリアルな芝居に考えさせられたと語り、新たな課題も見つかった様子。

名監督からのラブコールが止まない韓英恵

(C)third window films

主演の二人に加え、本作には脇を固める俳優の中にも元子役がいます。水中カメラマンの玲花役を務める韓英恵は、10歳のときに鈴木清順監督の『ピストルオペラ』(2001年)でデビュー。その後も、是枝裕和監督の『誰も知らない』(2004年)や李相日監督の『悪人』(2010年)、山下敦弘監督の『マイ・バック・ページ』(2011年)など、日本を代表する映画監督の作品への出演が続きます。

韓国と日本のハーフであることから、『アジアの純真』(2011年)では在日朝鮮人のヒロインを演じたり、『知らない、ふたり』(2016年)では韓国語の演技に挑戦したりと、韓国籍を持つ自身の出自に関わる役にも積極的に挑戦。デビュー当時から韓を知る『アジアの純真』(2011年)の片嶋一貴監督は、「あんたたち、ふざけんじゃないわよと思っていそうな顔が印象的だった」と語るなど、唯一無二の存在感と佇まいで監督陣を魅了しています。

子役としてデビューしてから、それぞれが独自のキャリアを積み上げてきた3人の俳優。『獣道』(2017年)でも、その才能を余すことなく発揮しています。ぜひ劇場でご覧ください。

(鈴木春菜@YOSCA)

記事制作 : YOSCA

関連映画

マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。