コイシェ監督、菊地凛子と - Luca Teuchmann / Getty Images

キテる!?続々公開されるスペイン映画に注目!

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

昨年秋に約18年ぶりの直行便が復活し、盛り上がりを見せるスペイン。映画界でも、公開中の『怪物はささやく』をはじめ、この夏は『しあわせな人生の選択』(7月1日公開)『スターシップ9』(8月5日公開)など、スペイン映画やスペイン人監督の作品が続々公開されるほか、Netflixなどの動画配信サービスのおかげで、本国ヒットのビデオスルー作品も手軽に見られちゃうご時世。というわけで、芸術と情熱の国スペインに、まずは映画で手っ取り早くひとっ飛びしちゃいましょう!

マストチェックの巨匠監督はこの人!

やっぱり赤が好き!? ペドロ・アルモドバル監督 - Brent N. Clarke / Getty Images

スペイン映画といえば……スペイン映画界が誇る巨匠、ペドロ・アルモドバルでしょう。その作品の数々は赤をイメージカラーとした芸術的な世界観が確立されており、まさしくスペインらしい映画の代表格といえます。また、アントニオ・バンデラスやペネロペ・クルスといったスペインを代表するハリウッドスターである彼らの活躍も、アルモドバル監督の存在あってこそ。代表作『オール・アバウト・マイ・マザー』が第72回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した際には、2人がプレゼンターとして登場し、ウィナーであるアルモドバル監督の名を読み上げ抱擁、会場を沸かせました。その後、アカデミー賞脚本賞も受賞し、今や世界的な監督の仲間入りを果たしたアルモドバル監督。プロデューサーである弟のアグスティン・アルモドバルとともに、製作という形での新しい才能への協力も積極的に行っており、まさしく彼なしにスペイン映画は語れない、最重要人物と言っても過言ではありません。

全編英語作品で成功を収める女性監督

コイシェ監督、菊地凛子と - Luca Teuchmann / Getty Images

アルモドバル監督のようにスペイン語圏の俳優と共にスペイン語にこだわった映画で成功を収めている監督がいる一方で、スペイン語圏以外の俳優を起用し、英語を中心とした作品で成功しているのが、イザベル・コイシェ監督。『あなたに言えなかったこと』で初の英語作品に挑戦した後、アルモドバル製作総指揮の『死ぬまでにしたい10のこと』や、『あなたになら言える秘密のこと』でその名を知らしめました。2009年には菊地凛子主演、東京を舞台にした『ナイト・トーキョー・デイ』がカンヌ国際映画祭のコンペティションに出品されるなど、名実共に世界的活躍を見せる女性監督の一人となったコイシェ監督。「自分と仕事をした俳優に対してすごく忠誠心がある」と自ら語るように、一度タッグを組んだ俳優と再度新作に取り組むことが多く、監督にほれ込まれた菊地凛子も『ノーバディ・ウォンツ・ザ・ナイト(英題)/ Nobody Wants the Night』で再タッグ。女性監督が映画祭でオープニングを飾ることは珍しいといわれる中、第65回ベルリン国際映画祭で見事オープニング作品として上映されました。

今一番アツいのは……本国人気ナンバーワン監督J・A・バヨナ

世界が注目するJ・A・バヨナ監督 - Fotonoticias / WireImage / Getty Images

鬼才ギレルモ・デル・トロがその才能にほれ込み全面バックアップし、『永遠のこどもたち』で鮮烈な長編デビューを飾ったのが、話題の映画『怪物はささやく』が現在公開中のJ・A・バヨナ監督。『永遠のこどもたち』は長編デビュー作ながらカンヌ国際映画祭でプレミア上映されたほか、本国スペインではその年の年間興行収入1位を記録するなど、その名を一気に知らしめました。続く長編第2作『インポッシブル』で英語作品に初挑戦すると、スマトラ島沖地震による大津波を題材にした同作では、ナオミ・ワッツがアカデミー賞やゴールデン・グローブ賞で主演女優賞にノミネートされ話題に。そして3作目、英文学の傑作を映画化した『怪物はささやく』では、アニメーションやCGといった現代的なツールを駆使した壮大な世界を見事に作り上げ、映画賞を総なめ。本国スペインでは第31回ゴヤ賞で最多9部門を受賞したほか、年間興行収入1位も記録しました。最新作はなんと世界的大ヒット作『ジュラシック・ワールド』の続編というバヨナ監督。本国人気はもちろん、ハリウッドからの注目も存分に浴び、まさしく今一番ノリにノッているスペイン人監督といえそうです。

記事制作 : シネマトゥデイ(外部サイト)

シリーズ