TM & (C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

原作3,700万部突破の理由とは!? 大人気SFアクション『ダイバージェント』シリーズ、ついに完結

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

世界的ベストセラー小説を映画化した『ダイバージェント』シリーズ。その壮絶な社会変革の物語が、本作『ダイバージェント FINAL』(8月19日公開)をもって、ついに幕を降ろします。

前作『ダイバージェント NEO』(2015年)に引き続き、監督をつとめるのは『フライト・プラン』(2006年)で名を馳せたロベルト・シュベンケ。シャイリーン・ウッドリー、テオ・ジェームズ、ナオミ・ワッツら豪華俳優陣もそのまま続投し、各々の役を全うします。

全米で大人気を博し、世界でも熱烈に支持される本シリーズの面白さはどのような点にあるのでしょうか。ストーリー、原作、主演女優の3つの観点から、探ってみたいと思います。

ディストピアに光をもたらす「異端者」たちの群像

物語の舞台は近未来のシカゴ。人類が「無欲」、「平和」、「高潔」、「勇敢」、「博学」の5つの派閥ごとに管理される社会体制の中で、少女ベアトリスはそのどれにも属さない危険分子「異端者」に分類され、命を狙われる存在となります。名前を“トリス”と偽り、正体を隠しながら生きることを決意した彼女は、恋人や兄と共に、見せかけのユートピアにひそむ邪悪と戦いながら、希望ある未来を模索しようと奮起します。

壮絶な闘争の果てに、かつての社会体制は崩壊。新勢力が少しずつ台頭してきました。しかし革命の志士たちのアクションを封じ込めようと、支配者イヴリン(ナオミ・ワッツ)は街を巨大なフェンスと重いゲートによって閉鎖し、外界への脱出を阻止します。

フェンスの外に希望を見出だし、決死の脱出作戦を決行した主人公トリス(シャイリーン・ウッドリー)、恋人のフォー(テオ・ジェームズ)、兄のケイレブ(アンセル・エルゴート)、仲間たちでしたが、生まれて初めて目にする外界は期待していた世界とは全く異なるものでした……

人類が過去に犯した大きな過ちと、それを教訓として始めた衝撃のプロジェクトの実態、さらには“記憶消去ガス”によるおぞましい人格修正の企みを知ったトリスたちは、故郷シカゴを救い、“人類の記憶”を守るべく、巨大な敵に立ち向かいます。

原作は、20代の天才女流作家が生んだ伝説のSF小説

世界中から支持される大人気女流作家ベロニカ・ロス。20代の若さで発表した『ダイバージェント』シリーズ3部作は、48の国と地域で翻訳出版され、総計3,700万部を超える驚異的なセールスを記録しました。これらは河井直子の手によって日本語にも翻訳され、『ダイバージェント 異端者』(2013年)、『ダイバージェント2 叛乱射』(2014年)、『ダイバージェント 忠誠者』(2015年)という邦題で角川書店から出版されています。

本シリーズはしばしば、ヤングアダルト向けのファンタジー小説にカテゴライズされるものの、主題がとても哲学的だったり、社会システムや登場人物の設定が架空のものとは思えないほどリアリティーに満ちていたりと、大人も十分楽しめる内容となっています。そんな魅力いっぱいの物語を原作とする映画『ダイバージェント』シリーズは、ティーンのみならず、性別も世代も超えて愛される普遍的な作品です。

政治活動にも意欲的な主演女優シャイリーン・ウッドリー

映画『ダイバージェント』シリーズ全作において主人公トリスを演じるのは、米国カリフォルニア州出身の人気女優シャイリーン・ウッドリー。きゅっと上がった口角と、切れ長の大きな瞳がとても魅惑的な、アメリカン・ティーン憧れの存在です。

ウッドリーは、8歳から本格的に女優としてのキャリアをスタートさせ、人気テレビシリーズ「アメリカン・ティーンエイジャー ~エイミーの秘密~」(2008~13年)での主演をきっかけに、多くのファンを獲得しました。『ファミリー・ツリー』(2011年)では、ジョージ・クルーニーの娘役を演じ、ナショナル・ボード・オブ・レビュー助演女優賞を受賞。以降、『ダイバージェント』シリーズをはじめ、『きっと、星のせいじゃない。』(2014年)など数々の話題作に出演してきました。

ウッドリーは政治活動にも熱心で、昨年のアメリカ大統領候補民主党予備選挙では、バーニー・サンダースの支持を表明するなど、若者世代のオピニオン・リーダーとしても注目を集める存在です。革命精神と正義感を燃え上がらせ、社会をより良い方向へ導こうと信念を貫く彼女にとって、凛々しく聡明なトリスはまさにハマり役といえます。

TM & (C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

「ダイバージェント」ファンはもちろん、シリーズに触れたことがない方にも、是非ご覧頂きたい衝撃の最終作。『ダイバージェント FINAL』公式ホームページでは、シリーズ1部・2部の内容をたった5分でおさらいできるダイジェスト予告動画を公開しているので、劇場へ足を運ぶ前にそちらをチェックすれば、より一層物語を深く味わうことができます。「異端者」をめぐる壮大な叙事詩の結末を、是非映画館の大スクリーンで体感してください。

『ダイバージェント FINAL』(2016年)は、8月19日(土)より、角川シネマ新宿、角川シネマ有楽町ほか、全国で公開。


(桃源ももこ@YOSCA)

記事制作 : YOSCA

関連映画

マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。