出会った女性が次々と死ぬ…悲惨すぎる「漫画版スパイダーマン」のエピソードとは

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

サム・ライミ版『スパイダーマン』に、リブートされた『アメイジング・スパイダーマン』。さらには『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で遂にマーベル・シネマティック・ユニバースに参戦するなど、スパイダーマンが大活躍しています。最新作『スパイダーマン:ホームカミング』も8月11日より全国ロードショーしています。

そんな、彼が活躍する映像作品やコミックには、実は日本版が存在するのです。本家アメリカ版とは全く違うその内容を、あなたはご存知でしょうか?

日本のスパイダーマンは巨大ロボに乗って戦う!

なんの冗談だ? と思った方もいらっしゃることでしょうが、本当です。東映版「スパイダーマン」は東京12チャンネル(現・テレビ東京)にて、1978年から1979年にかけて全41話が放送された特撮テレビ番組。スパイダー星人・ガリアから超能力を与えられてスパイダーマンとなった山城拓也が、父の仇でもある悪の異星人・モンスター教授が送り込む怪人・マシーンベムと戦います。すでにこの時点で原典の設定はカケラも残っていませんね。

巨大化したマシーンベムと戦うため、スパイダーマンはGP-7というマシンで宇宙戦艦「マーベラー」に乗り込みます。マーベラーは巨大ロボット「レオパルドン」に変形すると、敵を瞬殺。本当にあっという間に敵を倒してしまうので、レオパルドンは一部の人々から、「特撮界最強ロボ」とよばれているとかいないとか。

このフォーマットが戦隊シリーズに合流し、現在まで続く「スーパー戦隊シリーズ」の基礎が出来上がったのでした。ちなみに原作者であり、マーベルの大物であるスタン・リーは、このレオパルドンが結構お気に入りで、スパイダーマンのアクションにもご満悦だったという話です。

70年代日本の暗い青春が炸裂! 漫画版スパイダーマン

そして東映版「スパイダーマン」の放送以前に、1970年から1971年まで月刊誌『別冊少年マガジン』に連載されていたのが、今では巨匠として名高い池上遼一が描いた『スパイダーマン』。なんと毎号100ページ連載と、編集部もかなり力を入れていたようです。そして、その内容はというと……。

基本設定はアメリカ版とほぼ同じ。放射能グモに噛まれた小森ユウという高校生が、スパイダーマンとなって戦います。しかし、当時の“時代の気分”なのでしょうか。話が暗い。それはもう、暗すぎるのです。

たとえば、本家スパイダーマンの悪役・エレクトロ。本作では夢を抱いて上京してきたものの、交通事故を起こして多額の負債を背負い、犯罪に手を染めてしまいます。電気人間である彼は、殺人も辞さずに次々と銀行を襲います。そんなエレクトロに新聞社は宣伝効果を狙い、彼を捕まえたものに1000万円の懸賞金をかけるのです。

一方で、ユウは行方知れずの兄を探すために上京してきた、ペンフレンド(時代を感じますね)のルミちゃんにほのかな恋心を抱いていました。彼女の母の手術代のため、ユウはエレクトロを倒します。しかし、そのエレクトロこそが、実はルミちゃんの兄だったのです……。

その後も、“自在に電気を操る怪人に勝てるものなどいない”と考えていたのに、懸賞金を支払うことになった新聞社が、その意趣返しとしてネガティブキャンペーンをおこないます。これによって「偽善者」、「エゴイスト」、「売名野郎」などと社会から糾弾されるスパイダーマン。襲われていた女の子を助けてみれば、婦女暴行犯と勘違いされてしまいます。ルミちゃんは都会で一人生きていくため、ゴーゴーガール(死語ですねえ。水商売と思ってもらえれば)になりました。

記事制作 : H14