(C)2017 AiiA Corporation

AKB48が『バック・トゥ・ザ・フューチャー』!? 田野優花主演映画に見るアイドル像

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

女子大生の真塩美唯が、2017年の現在からバブル末期の1991年にタイムスリップ。両親の仲をとり持つために若き日の母親とアイドル・グループ、ASG16を結成。AKB48の曲を歌って父親を母親に振り向かせる——。そんなSFラブ・コメディ映画『リンキング・ラブ』が、10月28日から公開される。

ASG16は劇中で「恋するフォーチュンクッキー」の披露も

名作映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を彷彿とさせるこの映画は、萩島宏平によるネット小説「Linking Love」を実写化したもの。劇中にも『バック〜』のオマージュ的な展開や場面が盛り込まれている。

監督は映画『デスノート』や映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』などで知られる金子修介。AKB48の田野優花が映画初主演を果たし、母親の真塩由美子役にはバラエティ番組「LIFE!~人生に捧げるコント~」(NHK)にもレギュラー出演する石橋杏奈。若き日の父親、茂手木健一郎は、ドラマ「愛してたって、秘密はある。」(日本テレビ系)の白洲迅が演じている。

美唯は大学2年生。AKB48のオーディションに落ちるなど不運が続く中、今度は両親が離婚の危機。イライラが募り、両親に対する不満をラップにしていると、部屋の片隅にあったランプから守護神が登場し、彼女を両親がまだ学生時代の1991年にタイプスリップさせてしまう。そこで出会った両親は、付き合ってはいるものの微妙な関係。美唯は、アイドルオタクである父・健一郎の母・由美子に対する気持ちを確かなものとするため画策し、由美子やその友達とASG16を結成するが……。本作は、タイムスリップ作品らしく二転三転するストーリーも楽しめるが、ASG16によるAKB48の「フライングゲット」「恋するフォーチュンクッキー」など4曲の歌とダンスも見どころとなっている。

アイドルにとって氷河期だった1990年代前半

実際にはあちこちでバブル崩壊が表面化していたものの、時代の空気がその後の平成不況に対してまだ楽観的だった1991年。映画はボディコン、ワンレングス、アッシー君/メッシー君、月9ドラマ「東京ラブストーリー」など当時の世相や流行を反映しながら、アイドルにとって氷河期だった時代に奮闘する美唯たちの姿が描かれている。

もちろん当時もWINKや、おニャン子クラブを生んだ「夕やけニャンニャン」の後継バラエティ「パラダイスGoGo!!」(フジテレビ系)発のCoCo、ribbonといったアイドルは存在した。だが、普通の女子高生をアイドルに仕立てたおニャン子が1987年に解散して以降、手が届きそうな存在としてのアイドルの人気は下降線をたどっていく。

劇中にもCoCo、ribbonを思わせるCoCo RIBBONという5人組が登場するが、由美子の親友、寺島弘美(増田恵梨菜)の言葉を借りるならば「アイドルって昭和の名残というか、痛いというか……」というのが、アイドルに対する一般的な意見だったと言える。

記事制作 : アドバンスワークス

関連映画

マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。