Juan Naharro Gimenez / Getty Images

コミュ力0でも大丈夫!見逃したヒット映画の話題を切り抜ける方法

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

気づけば2017年も下半期に突入。今年になって映画館に行きましたか? 忙しい毎日、そして地味に家計を圧迫するチケット代に、腰が重くなっていません? それでも仲間内で「あの映画観た?」という話題は鉄板。去年「えっ!『君の名は。』観てないの? うそでしょ!?」という言葉に100回苦虫をかみつぶしたあなたに贈る、見逃したヒット映画の話題切り抜け術! NGワードは「いや、観てない」。

エマ・ワトソンの美しさよ…『美女と野獣』

ほれぼれ~ - (C) 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

上半期の超ヒット作。誰しも一度は聞かれるに違いない「『美女と野獣』観た?」の問いかけには、「エマ・ワトソンはまさに美という概念を具現化したような美しさだったね」。これ一択。あれが美だとするならば、我々は美を知らずに生きていた! ストーリー自体は美しい少女が野獣の住む城に囚われながらも次第に2人の間には愛が芽生え……というおなじみの物語そのもの。実写映画で特筆すべきは、ドレスが美しい、城がディテールまで美しい、主演のエマ・ワトソンが美しい。そのすべてが集約された「ダンスシーンが特に美しかったね」と口にすれば、相手は大きくうなずいてくれるはず。

いまやこんなに美しい大人の女性!エマ・ワトソン - Juan Naharro Gimenez / Getty Images

月並みですが、「『ハリー・ポッター』シリーズでハーマイオニーを演じていたあのエマが、すっかりレディーになっちゃって!」というのもアリ。子供の成長は早いものです。ハリウッドの世界でも子役から活躍していると大人の俳優として大成するのはなかなか厳しい道のりのようですから、エマが第一線を歩み続けているのは立派です。ちなみに、『ハリポタ』でハリー役を務めたダニエル・ラドクリフは、来月公開の『スイス・アーミー・マン』で主人公の死体を熱演して話題沸騰中(誤植ではありません)。

“ラ”は3つ!『ラ・ラ・ランド』

映画は観てなくてもこのシーンは目にしたことあるはず! - Summit Entertainment / Photofest / ゲッティ イメージズ

未見だという方が注意しなければいけないのが“ラ”は3つということ……!『ラ・ラ・ランド』です。つい、言いがちですが『ラ・ラ・ラ・ランド』では、ありません。Say!『ラ・ラ・ランド』! 女優の卵ミアとピアニストのセバスチャンによるロマンチックなストーリーにうっとりさせられる『ラ・ラ・ランド』について聞かれたら、強気に「往年のミュージカル映画を彷彿させる名作だったね」と攻めるのみ。これで相手は「軽くふっただけだったのにこの人映画詳しいの? めんどくさいな」となり、向こうから話題を変えてくるはずです。

作品賞の誤発表で大混乱中のステージ - Kevin Winter / Getty Images

ただし、好奇心旺盛な人だった場合「それってつまり?」と畳み掛けてくるかも。そうしたらアカデミー賞誤発表事件で切り込みましょう。そんなの知らんがなという方も、説明するので聞いてください。今年発表されたアカデミー賞では『ムーンライト』が作品賞に輝きましたが、授賞式では誤って『ラ・ラ・ランド』のタイトルが読み上げられてしまったのです。なんという悲劇! これはプレゼンターに別の賞の受賞者が書かれたカードが間違って渡され、そのまま読まれてしまったから。そして訂正されるまでにわりと盛り上がってしまった……。映画界に波乱を巻き起こしたこの騒動について議論を深めましょう。

記事制作 : シネマトゥデイ(外部サイト)

シリーズ

関連映画

マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。
マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。