Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ

8月の5つ星映画5作品はこれだ!

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

 マーベルのスパイダーマンとDCのワンダーウーマンがガチンコ対決する熱い夏にふさわしい今月。傑作ドラマを基にしたアニメ『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』も見逃せない。ファンに愛されるエドガー・ライト監督の新作やポール・ヴァーホーヴェン監督の問題作もピックアップ。これが8月の5つ星映画5作品だ!

『スパイダーマン:ホームカミング』

(C) Marvel Studios 2017. (C) 2017 CTMG. All Rights Reserved.

新スパイダーマンは“史上最笑”にして、アイアンマンと歩む成長物語!

 過去に実績のある実写映画シリーズが2つもあるスパイダーマンだが、本作をそれらと比較するのは無意味だとすぐに気づく。新スパイダーマンは何もかも違うのだ! 新星トム・ホランドが演じるスパイダーマン/ピーター・パーカーは若さにあふれ、超やんちゃで、マイケル・キートンは悪役として素晴らしいリアリティーを誇っている。それにトムホは子役時代に器械体操を特訓済みとあって、アクロバティックな動きもお手のもの。なんといっても、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU、世界観を共有したマーベル・スタジオ製作のスーパーヒーロー映画シリーズ)入りしたことで実現した、アイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)とのやりとりはアメコミファンにとって感涙もので、成長していくのはピーターだけではなく、“父親心”に少しずつ目覚めていくスタークにも注目だ。それほどスタークが物語に絡んでくるので、それをよしとするかは、2人に共通の過去「両親を若くして亡くしている」など、いかに背景を知っているかで変わってくるところかもしれない。それにしても、スターク製のハイテクすぎるスーツを身にまとうトムホ版ピーターは“史上最笑”!(編集部・石神恵美子)

映画『スパイダーマン:ホームカミング』は8月11日より公開

作品情報はコチラ

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』

(C) 2017「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作委員会

あの頃の夏がよみがえり、心の中を無限ループする

 岩井俊二監督による名作テレビドラマを『モテキ』『バクマン。』の大根仁が脚色し、『魔法少女まどか☆マギカ』シリーズの新房昭之が総監督を務めてアニメ化。ヒロインのなずな&なずなに思いを寄せる典道の声を担当するのは、大作映画への出演が続く広瀬すずと菅田将暉。海沿いの小さな町で夏休みを過ごす中学生カップルの何度も繰り返される一日が描かれる。結果だけを覚えている青春の失敗、隣にいた人との何気ない会話、蝉が鳴いていたあの日の帰り道……。そんな夏を思い出させ、観る者の心の中にループさせる青春復活アニメーション。実写では描き切れないアニメならではの躍動感を生かした描写も満載だ。実年齢は菅田の方が広瀬より年上だが、中学生の頃にあった「女子の方が大人感」がしっかりと声で表現されている。原作ドラマでは主題歌として使用されていた名曲「Forever Friends」を含め、音楽や歌声にも注目。(編集部・海江田宗)

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』は8月18日より公開

作品情報はコチラ

記事制作 : シネマトゥデイ(外部サイト)

関連映画

マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。
マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。