『スパイダーマン:ホームカミング』大ヒット公開中

関ジャニ∞ファン『スパイダーマン:ホームカミング』試写会“ゴーバックホーム”事件

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

文=平辻哲也/Avanti Press

『スパイダーマン:ホームカミング』が大ヒット公開中だ。公開13日間で興収20億円を突破し、『アメイジング・スパイダーマン』(2012年)の約31億6000万円を抜き、35億円を突破するのは確実だという。その影で、関係者を震撼させる出来事が起こっていた。7月27日(木)、東京国際フォーラムで行われた日本語吹替版の試写会でのこと。日本版主題歌を担当する「関ジャニ∞」のパフォーマンスが終わるや、400人のファンが一斉に退席してしまったのだ。試写会でこれだけの観客が映画を見ないで“ホームカミング”するのは前代未聞。一体、何が起こっていたのか。その実態と映画宣伝のタレント起用について考える。

会場は、日本最大級のキャパシティを誇る東京国際フォーラムA。最大収容5000席のうち、約4000席が埋まっていた。午後6時半すぎ、関ジャニ∞が登場するや、ファンからは黄色い歓声。7人のメンバーは「めっちゃ面白いので、見てね」とPR。主題歌「Never Say Never」を歌って、大盛り上がり。しかし、メンバーが去り、「上映は午後7時を予定しています」というアナウンスが流れると、観客は席を立ち、会場を出て行き始めた。十数人などという単位ではない。それは連鎖反応のように続き、最終的には400人近い数になっていた、という。映画ファンはSNS上などで関ジャニ∞ファンの思わぬ行動に怒りを表明した。

映画を見ずに帰ったファンも試写会のチケットを大事に保存していた

居合わせた関係者はこう振り返る。「もう言葉がありませんでした。これまでこんなことは1度もなかったので」

それもそのはず。『スパイダーマン:ホームカミング』はこの夏の話題作の1つだ。アンドリュー・ガーフィールド、エマ・ストーンのコンビで2作作られた『アメイジング・スパイダーマン』をリセットして、「マーベル・シネマティック・ユニバース」の一つとしてリブート。『インポッシブル』(2012年)『白鯨との闘い』(2015年)のトム・ホランドを主演に起用。新スパイダーマンは、本作に先駆け、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年)でお披露目され、大きな話題を集めた。

映画は、これまでのシリーズ屈指の面白さだ。社会正義に燃える青臭いスパイダーマン=ピーター・パーカーと、金持ちで少し鼻につくヤツだが、彼なりの正義を持ち合わせている大人のアイアンマン=トニー・スターク(ロバート・ダウニーJr)が対照的に描かれていて、両方が輝く作りになっている。これまで『スパイダーマン』や『アイアンマン』を見ていなくても、十分面白い。これを見ないで、帰った関ジャニ∞ファンはもったいない。

記事制作 : Avanti Press(外部サイト)

関連映画

マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。