V6・岡田は0日、元SMAP・中居は光GENJIで!? ジャニタレたちの“意外な”デビュー秘話

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

8月26日から公開されている映画、歴史スペクタクル大作『関ヶ原』にて主演を務めたV6・岡田准一。過去には「日本アカデミー賞」で「ダブル受賞」するなど、実力派俳優としての地位を着実に築きつつあります。このように、目覚ましい活躍ぶりを見せている岡田ですが、過去を振り返ると、実は“満を持して”デビューした訳ではなかったようです。

岡田の「Jr.期間」は…なんと0日!?

岡田が自身のデビュー秘話を明かしたのは、2015年12月24日放送のラジオ番組「ナインティナイン 岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)に出演したときのこと。ラジオパーソナリティの岡村に「(V6としてデビューするまでの経緯が)異色やよね」と水を向けられると、「Jr.期間もないまま、すぐにデビューしちゃいました」と明かしました。

岡田によると、ジャニーズ事務所に入った直後、突然ジャニー喜多川社長から「You、バレーボールできる?」と質問されたのだそう。「もともとV6は、バレーボールの応援チームなので、(声を掛けてもらえたんじゃないか。その後、)すぐV6になっちゃいましたね。入れてもらえたというか」と当時の様子について続け、かなりの幸運とタイミングのよさで“超速デビュー”を勝ち取ったことをうかがわせました。

また、2017年3月18日放送の音楽番組「MUSIC FAIR」(フジテレビ系)では、岡田が上京したころに起きたユニークなエピソードが披露されています。

事務所の合宿所で暮らし始めたころ、岡田は服やパンツをほとんど持っていなかったそう。そのため、メンバーの三宅のパンツを勝手に借りてしのいでいたそうです。しかし、すぐにそのことが三宅にばれ、こっぴどく怒られたのだとか。

デビューが決まったのは結成会見の3日前!

超人気グループ・嵐のメンバーである相葉雅紀も、意外なデビュー秘話をもつ一人。その知られざるエピソードについて、2014年11月10日に放送されたバラエティ番組「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)にて語っています。

嵐は1999年9月15日にハワイで結成会見を開いていますが、相葉が嵐のメンバーになることを告げられたのは、なんとその3日前だったそう。ジャニー喜多川社長から「YOU、パスポート持ってる?」と不意にたずねられ、所有している旨を伝えたところ、急きょハワイ行きが決まったそうです。

さらには、デビュー時からずっと「(嵐の中で)俺は何番目に声を掛けられたのか?」と、疑問を抱いていたことも告白。その真相は明かされていないものの、真実を知ってショックを受けることを恐れてか、「聞かない。一生」と話しました。

元SMAP・中居や嵐・大野にも驚きのエピソードが…。

元SMAPの中居正広は、今年6月26日に放送された音楽トークバラエティ番組「Momm!!」(TBS系)で、光GENJIがデビューする前、メンバーたちと一緒にローラースケートの練習をしていたと告白。やがて練習をさぼりがちになってしまったものの、「あの時、(真面目に練習に)行ってたら光GENJIだったかも」と振り返っています。

また、嵐のメンバー・大野は、2003年8月21日に開催されたコンサート「USO!?ジャパン special summer ARASHI 2003 How's it going?」のMCで、V6としてデビューしていたかもしれない、と発言。その場にいたメンバーをも驚かせました。

アイドルがデビューする際は、さまざまなドラマが生まれるもの。しかし、ここで紹介したようなエピソードは、かなり特異です。まるで“伝説”のように、末長く語り継がれることは間違いないでしょう。

(文/おがたま)
記事制作 : エクスライト

関連映画

マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。