『トリガール!』土屋太鳳&間宮祥太朗 インタビュー

インタビュー

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

小学生に戻ったような解放感

琵琶湖で毎年行われる「鳥人間コンテスト」に情熱を傾ける若者たちを描いた、中村航の同名青春小説を映画化。本作でひょんなことから大学の人力飛行サークルのパイロットになってしまうヒロインの鳥山ゆきなを演じた土屋太鳳と、彼女が2人乗りのコックピットでコンビを組むことになるヤンキーかぶれなのにメンタルが最弱の坂場大志を演じた間宮祥太朗。本作で初共演を果たした二人が、全力で駆け抜けた撮影の様子を振り返った。

鳥人間コンテストの映画って?

Q:『トリガール!』の台本を最初に読んだときはどう思いました?

土屋太鳳(以下、土屋):あの「鳥人間コンテスト」を映画にするとどうなるんだろう、とまず思いました。しかも台本にはものすごい量のかけ合いのセリフが書いてあったので、どんなリズムの映画になるのか想像ができなくて(笑)。でも、誰もが熱くなれる「鳥人間コンテスト」が題材なので、素敵な映画になる気がしました。

間宮祥太朗(以下、間宮):僕も小説を読んだときに瑞々しさを感じたので、そこに生身の人間ならではの汗臭さみたいなものが加わった素敵な青春映画ができあがる予感はしていました。

Q:鳥山ゆきなと坂場大志をどんなふうに演じようと思いましたか?

土屋:ゆきなちゃんは一見サバサバした女の子に見えるけど、実は自分の本当の気持ちを隠すために、無理をしてサバサバした感じを装っていると思ったんです。だから、自分から言葉を発しているときほど、ゆきなちゃんの内面を大事にするようにしました。

間宮:坂場はヤンキーかぶれなのにメンタルが弱かったり、二次元の女の子が好きだったりして、そのツッコミどころ満載なキャラが彼の魅力です。でも、今回役づくりはそんなにしてなくて、撮影現場で感じるもの、生まれるものを大事にしました。こんなに自由にお芝居をしたり、セリフを言ったりしたことはあまりないので、新鮮でした。ゆきなと坂場が毒舌で罵り合うシーンは、演じているときも楽しかったです(笑)。

息ピッタリの最高のバディが誕生

Q:お二人は今回が初共演ですが、お互いの印象を教えてください。

間宮:天然なところは散々見せてもらいました(笑)。太鳳はいい意味でちょっとヌケているところがあるから、そこで逆に僕は安心できたし、彼女にも僕と共演して面白かったって思ってもらいたかった。それこそ、坂場とゆきなの口ゲンカのシーンが面白くなるかならないかは、バディ次第なので、太鳳とは本当にいい出会いだったと思う。

土屋:口ゲンカのシーンは私も楽しかったです。撮影中に撮った写真もヘン顔をし合ったり、睨み合ったりしているし、普段の撮影現場ではそんなことしないから大丈夫かな? と思いましたが、小学生に戻ったみたいで解放された気分になりました。

間宮:僕も何かの取材のときに、「坂場とゆきなのやりとりはずっと続けていたいと思うほど心地よかった」って言ったけど、あれは本心です(笑)。

土屋:私は祥太朗が積極的に心を開いてくれて、「祥太朗って呼んでいいよ。俺も太鳳って呼ぶから」って言ってくれたのがうれしかったです。そのおかげで、“コンビを組む”ということを意識しながらお芝居ができたのだと思います。

土屋太鳳はみんなを引っ張るエンジン

Q:映画のクライマックスは「鳥人間コンテスト」での飛行シーンですが、あの一連はクレーンで吊り上げた機体のコックピットの中で撮影したそうですね。

土屋:とっても暑いコックピットの中でロードバイクを漕いで、ふたりの掛け合いのリズムを合わせなければいけなかったので、気力も体力も限界に近かったです。

間宮:出たり入ったりはしたけど、1日中あの中にいたから気が遠くなりそうでした。

土屋:ちょっと酸欠気味になったよね。

間宮:でも本当に、熱中症や日射病にならなくてよかったよ。

土屋:あのときの私はただただ必死で、テストも本番も力を抜かなかった。そんな必死にやることを許してくれる撮影現場だったのは、ありがたかったし、頑張ってよかったと思います。

間宮:頑張っていても「アイツ、いつもマジだよな~」って他人事のように言われる人もいるけれど、太鳳が本気で全力投球している姿を見るとなぜか放っておけなくなるし、周りの人たちも引っ張られてしまう。それが、この撮影現場でも大事なエンジンになっていたような気がします。

Q:最後に。お二人がこれまでの人生で、最も全身全霊をかけて打ち込んだものは何ですか?

土屋:高校の創作ダンス部で全国大会を目指して練習をしていたときですね。合宿では足から血が出るし、けっこうつらかったですが、そのときの自分がなかったら今の自分はいないと思います。

間宮:僕は基本的に楽しくない人生は嫌だし、楽しく生きていたいと心から思っているので、遊んでいるときが一番没頭していると思います。昔は野球もやっていましたが、野球だけに打ち込む感じじゃなかったです。やっぱり楽しく遊んでいる時間が最高ですよ(笑)。

取材・文:イソガイマサト 写真:高野広美

記事制作 : シネマトゥデイ(外部サイト)

関連映画

マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。