『ダンケルク』9月9日より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国ロードショー
(C) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

世界はどう見た?傑作との呼び声高いクリストファー・ノーラン監督最新作『ダンケルク』

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

文=ロサンゼルス在住ライター 鈴木淨/Avanti Press

「オスカー候補となるべき今年No.1の映画だ」――ヴァラエティ誌

「これぞ理屈抜きの、芸術と呼べる大作映画であり、間違いなく今年これまでで最高の1本」――エンタテインメント・ウィークリー誌

「この映画でアカデミー賞作品賞レースが始まった。最初のフレームから最後までが歴史的な達成であり、心臓を撃ち抜かれるような圧倒的、視覚的スペクタクル」――ローリング・ストーン誌

『ダンケルク』9月9日より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国ロードショー
(C) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

今や押しも押されもせぬ大監督となったクリストファー・ノーランの最新作『ダンケルク』を、ハリウッドの権威ある有名誌がこぞって絶賛している。

すでに世界の大部分で7月下旬から公開済みの同作は、ノーラン監督が製作、脚本も手がけ、史実に基づいて描いた戦争大作。9月9日(土)の日本公開を前に、各メディアによる評価から、その内容に迫っていこう。

「戦争映画史の新たな扉を開いた」と言われる理由

『ダンケルク』9月9日より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国ロードショー
(C) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

「クリストファー・ノーランが戦争映画史の新たな扉を開いた。細部までこだわり抜いた傑作」――ウォールストリート・ジャーナル紙

「戦争映画史上最高の1本。それは映像、作品へのアプローチ、観客への影響力すべてにおいて明らかだ」――サンフランシスコ・クロニクル紙

このように、一流紙の映画評も同作を褒め称えている。映画評まとめサイトRotten Tomatoesによれば、映画評論家による批評の実に93%がポジティヴに評価(8月27日現在)。これは非常に高い数字で、対象となっている批評の総数が332と、ほかの映画と比べ格段に多いことを考えても驚異的と言える。さらに、このうち「トップ・クリティクス」と呼ばれる一線級の評論家による50の批評に限って見れば、ポジティヴな評価は94%。否定的なものはわずかに三つしかない。

肯定的な意見はタイプ別に分類でき、そこから「戦争映画史の新たな扉を開いた」と言われる所以も見えてくる。まず一つは、その画期的な演出手法だ。

「時間とアクションが波のように盛り上がっては沈む」

『ダンケルク』9月9日より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国ロードショー
(C) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

描かれているのは、第二次世界大戦の初期に起きた「ダンケルクの奇跡」。ヒトラー率いるドイツ軍によってフランスの港町ダンケルクに追い詰められたイギリス、フランス連合軍の兵士40万人の大規模な撤退作戦である。

ノーラン監督は、西欧ではとても有名なこの出来事を、それぞれ時間軸の異なる陸、海、空の三つの視点で撮影し、巧みな編集で組み合わせることによってスリリングなタイムサスペンスに仕立て上げた。下記のような批評は、その革新的なスタイルに贈られたものだ。

「演出が効果的。時間とアクションが波のように盛り上がっては沈み、時に顔をぴしゃりと叩いてくるようだ」――ニューヨーカー誌

「パズルのように構築された、スリル満点の映画」――シカゴ・トリビューン紙

「映画的な手法と技術の力をツアーで見てまわるような作品」――ニューヨーク・タイムズ紙

記事制作 : Avanti Press(外部サイト)

関連映画

マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。