柴咲コウに綾野剛まで…演技だと思えない!キスうま俳優・妻夫木聡の濃厚キスシーンを振り返る

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

2017年9月16日に全国公開を控えている映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』は、抱腹絶倒のラブコメディ。公開前にもかかわらず、“主演の妻夫木聡と水原希子のキスシーンがたまらない”と話題になっていることをご存じでしょうか?

イケメン俳優としてお馴染みの妻夫木は、出演作品で見せる“キスのうまさ”にも定評があります。過去の出演作品を振り返りつつ、見ているこっちまでドキドキするキスの演技に注目します。

“キスの名手”の異名をとるきっかけに!?映画『ジョゼと虎と魚たち』

2003年に出演した映画『ジョゼと虎と魚たち』で、妻夫木は共演した女優・池脇千鶴との濃厚なキスシーンを披露しています。

該当のシーンは、足の悪い女性・ジョゼ(池脇)が、大学生の恒夫(妻夫木)に抱く気持ちをやっと明かした後のもの。ここで恒夫は、ジョゼのおでこと耳にくまなくキスした後、情熱的に唇を求める仕草を披露しています。

紆余曲折を経て2人の心が通じ合うという、感動的なシーンを一層盛り上げる素敵なキスに、観客からは「萌え死にしそう」といった声が多く挙がったようです。

本当に演技…?青春×純愛のキスシーンに胸きゅんの「オレンジデイズ」

今でも“憧れの大学生活”の代名詞となっている、2004年放送のドラマ「オレンジデイズ」(TBS系)では、女優・柴咲コウとキス。

柴咲は聴覚を失い、心を閉ざしてしまった女の子・沙絵を演じました。一方、妻夫木の役どころは、手話を通じて沙絵と親しくなった大学生・櫂。いい雰囲気かと思えばすぐにすれ違い、何度もぶつかり合って育んできた2人の関係はまさに“純愛”。そして、ついに櫂が沙絵に告白した直後のキスは、優しくも櫂の情熱が痛いほどに伝わってくるものでした。

折しもドラマ放送時は、妻夫木と柴咲が恋仲なのでは? という噂が一部で流れた時期。もはや、あのキスがただの“演技”だとは思えませんね(笑)。

綾野剛との衝撃的な濃厚キスシーンも披露!『怒り』

2016年公開の映画『怒り』では、妻夫木は同性愛者である優馬役に挑戦。恋人・直人(綾野剛)との濃厚なキスシーンやベッドシーンを披露しました。特に優馬が直人にまたがり、かみつくようにキスをするシーンは、多くの観客に衝撃を与え、このキスシーンが“呼び水”となり、映画館に足を運んだ人も多かったよう。

今年開催された第40回日本アカデミー賞の授賞式では、妻夫木は、「役作りのために剛と2週間同居生活を送った」とも明かしています。同居生活のすえ、2人の間には信頼関係だけではなく、本物の“愛”も芽生えたかも……? そんな妄想をしながら、2人のラブシーンにドキドキした観客は多くいたことでしょう。

セクシーな悪女へのキスは、一体どのように演じるのか!?

映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』では、自由奔放な美女・あかり(水原)に振り回される冴えない男を演じる妻夫木。今までのキスシーンとは違い、つかみどころのない悪女に対する“キス”を、一体どのように演じるのでしょう。水原の“エロかわいい”キス顏に負けない、“キスうま俳優”妻夫木のキステクが楽しみですね。

(文/おがたま)
記事制作 : エクスライト

関連映画

マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。