松坂桃李、土屋太凰、真剣佑も…!? 芸名より変わってる(?)、実は本名の芸能人

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

2017年9月23日に公開予定の映画『ユリゴコロ』に出演する俳優・松坂桃李。一度耳にしたら忘れられない名前であるが。実は、この「桃李(とおり)」が本名であることを本人がテレビ番組で語っている。また、今年の夏期ドラマ「僕たちがやりました」(フジテレビ系)でヤンキー役を演じる俳優・新田真剣佑(まっけんゆう)も、本名で活躍する芸能人の一人である。芸名のようで芸名でない……。そんな変わった(!?)本名をもつ芸能人を紹介する。

由来が気になる!インパクト大の名前<男性編>

一見して女の子のような字面だが、松坂桃李(まつざか・とおり)は正真正銘の本名である。2015年2月1日放送のバラエティー番組「ヨルタモリ」(フジテレビ系)に出演した際、「父が、司馬遷の言葉で『桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す』という中国の故事から取ってきまして」と自身の名の由来を語った松坂。

司馬遷が編さんした中国の歴史書『史記』に出てくるこの言葉は、<桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるため、その下には自然に道ができる>の意。誰からも慕われる人徳ある人間に育ってほしい――そんな両親の願いが込められた名は、ドラマに映画に大活躍の人気俳優にぴったりである。

そして、ドラマ「僕たちがやりました」(フジテレビ系)に出演した若手俳優・新田真剣佑(あらた・まっけんゆう)。ファーストネームの「真剣佑」は本名であるよう。今年5月20日放送の「ズームイン!!サタデー」(日本テレビ系)で、父で俳優の千葉真一が「真実の剣を持って人の右に出る」と想いを込め名付けたことを告白した。

スタントを使わず、激しいアクションに挑戦する映画スターとして海外でも有名な父・真一は、確かに映画『キル・ビル』で出演のほか、剣術指導も担当しているのだった。ちなみに、自身のTwitterでは“Mackenyu”と表記している。“Makkenyu”でないところがカッコイイ。

名前負けしてないのがうらやましい!個性的でカワイイ名前<女性編>

先述の松坂と今年JRA(日本中央競馬会)のCMで共演した女優・土屋太鳳(つちや・たお)もまた、その名が本名であることを自らのブログで明かしている。妊娠中の母親が「生まれたばかりの裸の赤ちゃんが、雲の上みたいな白い所で、寺子屋みたいに低い横長い机の前で正座して、昔の手紙用みたいな細長い紙に、筆で『二月三日生まれ 女 太凰』と書いている夢を見た」ことが由来だという。夢に出てきた「凰」の字は当時人名に使えなかったため、形も意味も似た「鳳」をあてて「太鳳」と名付けたのだとか。なんとも不思議な話である。

競馬つながりで、もう一人。2016年のTCK(東京シティ競馬)のCMに出演した女優・剛力彩芽(ごうりき・あやめ)も、珍しい本名を持つ芸能人。いろいろな番組で、明石家さんまやタモリから「剛力は本名?」と話題を振られ、「本名です」と説明。「名字が力強いので名前は柔らかい感じにしようと、母が『彩』という字が好きなので、こう名付けられた」とも語っている。しかし、彼女ならば、どんな名前であっても、可愛さは健在な気がする。

最後に、まるで芸名の如く可憐な本名をもつ芸能人を一人。それは、映画『ちはやふる』にも出演し、社会現象にもなった、アニメーション映画『君の名は。』で主人公・三葉の声を務めた女優で、声優の上白石萌音(かみしらいし・もね)である。音楽教師だった母親が「音楽が好きな子になるように」と名付けたというが……なんと可愛らしいのだ、君の名は。平凡ネームの人からしてみれば、なんだかうらやましくなってしまう名前である。

(文/ナカニシハナ)

記事制作 : エクスライト

関連映画

マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。