文=新田理恵/Avanti Press

19世紀のフランス。上流階級。大家族。大豪邸で暮らす美しい女たち。

「……別世界すぎる」。

家庭を持った経験も、持つ予定も、願望もない、「おひとりさま最高」なしがないアラフォーライターにはぶっちゃけ敷居が高かった『エタニティ 永遠の花たちへ』(9月30日公開)。果たして共感できるだろうか……若干斜に構えて見始めたのだが、フタを開けてみるとこれが、嬉しい気づきの連続。思わずメモしたくなる名言が散りばめられた、豊かで普遍的な人間賛歌だ。

『アメリ』のオドレイ・トトゥ、『イングロリアス・バスターズ』のメラニー・ロラン、『アーティスト』のベレニス・ベジョという、フランスきっての人気女優が世代の異なる女性を演じ、それぞれの結婚・出産、家族愛、友情を描いていく。監督はトラン・アン・ユン。『青いパパイヤの香り』や『ノルウェイの森』など、洗練された美意識としっとり匂い立つような映像で独自の世界を築くベトナム出身の名匠である。

幸せと不幸せにはそれほど差がない

『エタニティ 永遠の花たちへ』9月30日よりシネスイッチ銀座ほかロードショー
(C) Nord-Ouest

上流階級の家庭に生まれたヴァランティーヌ(トトゥ)は、先方から求められた結婚を一度は断るものの、彼女を諦めないジュールに心を動かされ、彼の妻になることを決める。

マチルド(ロラン)は、ヴァランティーヌとジュールの間に生まれた息子アンリの妻だ。幼なじみだったマチルドとアンリは、成長とともに愛を育み、情熱的な恋愛結婚をする。

マチルドの従姉妹で親友のガブリエル(ベジョ)は、親が決めた結婚相手シャルルと、一度食事をしただけで夫婦になることを強いられる。

求められた結婚と、情熱的な結婚、そして親に決められた結婚。現在のように恋愛結婚がスタンダートではない時代、三者三様のきっかけで人生をともに歩むことになる3組の夫婦。ポイントは、彼女たちに訪れる幸せと不幸せに、それほど差がないということだ。

ヴァランティーヌ役のオドレイ・トトゥ
『エタニティ 永遠の花たちへ』9月30日よりシネスイッチ銀座ほかロードショー
(C) Nord-Ouest

ヴァランティーヌは、夫ジュールの純粋さを好ましく思い、彼を最期の日まで愛し抜く。別れは予期していたより早くに訪れるが、残された子どもたちを育て、その枝葉が広がっていくのを見届ける。娘が修道院に入ると決意したとき、「男性からの愛は、神の愛より確か」だと娘の行く末を憂うヴァランティーヌ。ジュールとの間には、彼女がそう信じて疑わないだけの愛情と信頼が育まれていた。

マチルド役のメラニー・ロラン
『エタニティ 永遠の花たちへ』9月30日よりシネスイッチ銀座ほかロードショー
(C) Nord-Ouest

マチルドは、アンリと情熱的に愛しあい、10人の子どもをもうける。結婚後のほとんどの時間は、妊娠しているか、或いは乳飲み子を抱えているかのマチルドだが、たとえ自分の命に替えても愛する人の子どもを産みたいと願い、母であり、妻である喜びのために生を全うしていく。

ガブリエル役のベレニス・ベジョ
『エタニティ 永遠の花たちへ』9月30日よりシネスイッチ銀座ほかロードショー
(C) Nord-Ouest

ガブリエルは、そんなマチルドとは幼い頃からの親友だ。しかしマチルドとは対照的に、相手のことををよく知らないままシャルルと夫婦になる。よくある上流階級の令嬢の恋愛や結婚を描くドラマでは、愛のない結婚生活やさまざまなしがらみの中で苦労する、いわば「不幸フラグ」が立ったキャラクターだが、そうならないのがこの映画の面白いところだ。

「愛は学ぶもの。与えられるものではない」

『エタニティ 永遠の花たちへ』9月30日よりシネスイッチ銀座ほかロードショー
(C) Nord-Ouest

シャルルはガブリエルに対し、「まだ君を愛していない」と最初から嘘偽りない気持ちをさらけ出す。そのうえで、「最期まで愛し続ける」「約束は守る」と夫婦として最期まで歩む覚悟を伝える。バカ正直と言えなくもないが、そんな誠実なシャルルをガブリエルが愛するようになるまでに時間はかからない。

シャルルは言う。

「愛は学ぶもの。与えられるものではない」

これは「いいご縁がないし~」と、いつも他力本願でシングルのまま時を刻んでしまった現在に生きる不惑手前の女の胸にジンとしみた。始まりがどんなに情熱的であっても、男女の関係は粗末にすれば廃れるもの。愛や幸せは、時には努力し、水をやり、育んでいくことが大切なのだとガブリエル×シャルル夫婦は教えてくれる。

『エタニティ 永遠の花たちへ』9月30日よりシネスイッチ銀座ほかロードショー
(C) Nord-Ouest

結婚する・しないを自由に選択できる現在の社会では、仕事に置き換えても言えることかもしれない。「これを成したい」と思ったものに、誠実に水をやり、育て、次の世代、次の世代へとつないでいくことの大切さ。たとえどんな地位や立場であっても、ひとりの人間にはそれ相応の幸せと不幸せが訪れて、生きて、死んでいくことしかできないのだから。