映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』は9月16日より全国公開

『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』妻夫木聡&水原希子 インタビュー

インタビュー

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

男の理想は極上の悪女

映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』は“力まないカッコいい大人”=奥田民生に憧れる雑誌の編集者コーロキと、レディスブランドのプレスとして働く超絶キュートな魔性の女あかりによる恋愛を、イマドキにリアルに描くポップなラブコメ。妻夫木聡と水原希子が二人の恋愛について触れ、恋愛における男女の違いについて語った。

女性はウソを真実に変える

Q:あかりを好きになって深くのめり込み、振り回されるコーロキの姿は女性が観ても深く共感できます。どう感じましたか?

妻夫木聡(以下、妻夫木):そうですね……そういうときもあるよねって思いました。誰かを好きになって振り回されるときって……思い出すだけでキリキリします。「胸がチクチク」なんて言葉じゃ済まないような感じですよね。あれは嫌だな(笑)。

水原希子(以下、水原):でもあかりちゃんみたいな女の子は、よくいると思うんです。そのときどきで目の前の相手に本気で恋をしているわけで……それが男性にとってはよけいにキツイのかもしれませんけど。

妻夫木:いや怖いですね。妄想だけの話にしてほしい。女性はウソを真実に変えるからな。「あなただけよ」ってあちこちで言うのはある意味でウソだけど、本心から言っているからある意味真実。同じことをしても、男はやっぱりウソになっちゃうよね。あそこまで素直な気持ちでは言い切れないんじゃないかな、と思うんだけど。

水原:やましさを抱えて?

妻夫木:そうそうそう。例えば男の一般論だけど、好きな人以外の他の誰かを本当に好きになってしまったら、たぶんどちらかを選ぶことになるでしょう? そうではなく二人ともとうまくやろうと思うというのは、どこかでその女性に対して想いが残っているし、だからこそ後ろめたさを感じていたりするわけですよね。女性たちにも基本的にバレるだろうから、それで「いやいやいや、いつかお前と一緒になりたいと思っているよ」なんてことを言ったりする(笑)。女子のようにスッキリとはいかなくて、だから男には「女々しい」なんて言葉があるんでしょう。

Q:あかりを演じながら、自分にもこういうところがあるかも、と共感する部分はありましたか?

水原:怒るところ、その理由がすごく似ています(笑)。コーロキ君とデートで一緒に買い物をしていて怒り出すところがあるんです。「〇×さんとあかりちゃんは、性格的に合わないよ」と言われ、私の何を知っているっていうの!? って。あの場面で、私自身も素直に怒っていました(笑)。

妻夫木:やっぱり男って、すぐ調子に乗るんですよ。付き合いが長くなるとだんだん「俺の女」みたいな気持ちになってきて。そういうときに調子に乗ったことを言ってしまうと、あかりを怒らせちゃうようなことになりますよね。

Q:あかりの「私の気持ちをわかってくれてない」というセリフも、よく女の子が口にする気がしますが?

妻夫木:男としても、理解できなくはないですよね。知らない間に人を傷つけてしまうことってよくあると思うんですけど、そういうときの言動って、よくよく考えると確かにちょっとよくない言い方だったなって思うものだし。

水原:この映画では、そうしたやりとりがとてもリアルでしたよね。大根監督の作品はそうした日常を描きながら、ああわかるわかる! と思わせる場面が必ずある気がします。だからあかりという役も素直に感情移入でき、演じやすかった気がします。

一日中ずっとキス!

Q:コーロキとあかりが付き合いはじめたころ、恋愛初期の場面ではあちこちで「いきなりクライマックス」みたいなキスシーンがありました。撮影はいかがでしたか?

妻夫木:いや楽しいですよ。

水原:一日中ずっとキスしていました。

妻夫木:そう。朝イチで品川に集合して、はいキス、みたいな。

水原:ある日は3か所すべてでキスしました。移動してキス、また移動してキス、とか。

妻夫木:ときどき監督から「周りに人がいなくなって、ちょっとキスしたくなっちゃった感じのやつ」とか言われたこともありました。

水原:それで本番が終わると大根監督が笑いながら近づいてきて、「いい感じ!」みたいな(笑)。監督自身がとっても楽しそうだから、私たちも楽しくなっちゃっていました。

Q:大根監督の演出の印象は?

妻夫木:無駄がないですよね。それでいて楽しみながら演出されていて、現場のみんなが身内みたいな雰囲気でした。

水原:そうそう、本当にそういう感じ。会話しながら楽しみながら撮影していくんですけど、その演出は完全に的を射ている。しかも、プレッシャーみたいなものをいっさい感じさせないんですよね。それでいてあかりという役柄はビジュアル的に見せないといけないショットがたくさんあったので、ライティングに時間をかけ、とてもキレイに撮ってくださいました。待ち時間にしていた私の仕草を「あれかわいかったから、ここでやって」と言われることもありました。

妻夫木:監督は撮影現場にいるみんなが楽しんでくれているかどうかを、一番大切にしているようでした。どんなことでも、イヤイヤやっていたら映像にそれが出てしまいますよね。基本的にコーロキはあかりちゃんに狂わされるんだけど、二人の幸せな時間を描く場面も多かったです。幸せな時間がキチンと描ければ描けるほど、それがダメになったときに対比が活きるはず。そう思いながら撮影をしていました。

民生好きには天国みたいな映画

Q:出来た映画を観た感想は?

妻夫木:いやあ、めっちゃカワイイ映画が出来たな! と思いました(笑)。これほど笑えて、きゅんきゅん出来る映画を久しぶりに観た気がして、本当によかったな~って。

水原:私も一観客として、素直に楽しめました。正直言うと観る前は、大丈夫だったかな!? と思っていたんです。いままでこんなにキスをしたり人の耳をナメたり(笑)、ほぼ裸のような姿を映されたことがなかったし、キスシーンも無我夢中でやっていたので。でも完成した映画を観て、自分で「ちょっと恥ずかしいな」と思うようなシーンもビジュアル的に美しく撮っていただけて、本当にありがたかったです。

妻夫木:「民生好き」の自分としては、民生さんの曲がずっとかかるのも天国のようでした。民生さんの曲ってその人間性が出ているからいいんでしょうね。ふだんロックを聴かない人でも聴けるし、だからどんな人とコラボしても合うのでしょう。それでこの映画の醸し出すきゅんきゅんした空気感にも合う。映画全体を盛り上げるものがあるから、あれほど曲がたくさんかかっても邪魔にならない、それって珍しいですよね。

水原:それと映画を観て改めて思ったのは、あかりって素直なんですよね。ただの悪女なら演じたいとは思わなかったけど、悪女といっても「極上の悪女」。悪意やいじわるで人を傷つけようとするキャラじゃない。男の子が思い描く理想の女の子を演じているだけで、最終的にはへん! って感じで自分の道を行っている。それが観ていてとても気持ちがよかったです。

取材・文:浅見祥子
写真:尾鷲陽介

記事制作 : シネマトゥデイ(外部サイト)

関連映画

マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。