『恋と嘘』/10月14日(土) 全国ロードショー/(C)2017「恋と嘘」製作委員会 (C)ムサヲ/講談社/配給:ショウゲート

政府が選んだ相手と幸せになれる?“恋愛禁止”の世界を描く『恋と嘘』

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

自ら決めた相手と他人から決められた相手、そのどちらと結ばれた方が幸せなのか? このテーマで登場人物の恋愛模様を描くのが、10月14日から公開される映画『恋と嘘』です。

本作はマンガアプリ「マンガボックス」で連載中の同名マンガが原作で、自由恋愛を禁止する「超・少子化対策法」が施行された、架空の近未来の世界が舞台。 “科学の赤い糸”とよばれ、政府が選んだ最良のパートナーが決められる「恋愛禁止」の中で、ヒロインの仁坂葵はいったいどんな恋をするのでしょうか?

北村匠海と佐藤寛太の間で揺れる恋心

『恋と嘘』/10月14日(土) 全国ロードショー/(C)2017「恋と嘘」製作委員会 (C)ムサヲ/講談社/配給:ショウゲート

本作でヒロインの仁坂葵を演じるのは、若手実力派女優の森川葵。葵に密かな恋心を抱く幼なじみの司馬優翔役を北村匠海が、政府が決めた葵の相手となる高千穂蒼佑役を劇団EXILEの佐藤寛太が演じます。この2人のイケメン俳優が、仁坂葵にどのようなアプローチをかけるのか? それも本作の大きな見どころです。

ちなみに、原作の主人公は男子高校生・根島由佳吏。高崎美咲と真田莉々奈という2人の女子高生の間で主人公が揺れ動く、複雑な恋愛関係が描かれました。今作はアナザーストーリーという位置づけで、新たな恋愛模様を見ることができます。

物語は葵が16才を迎える前日、幼馴染の司馬が彼女への恋心を伝えるところから始まります。しかし、ちょうどその時、葵に政府通知が送られてきて、その相手として蒼佑が現れるのです。葵は幼い頃から「政府通知の相手」との恋愛に憧れをもっていたため、蒼佑との仲を深めていくことを選ぶのでした。

自由恋愛が禁止された世界の複雑な恋愛模様

『恋と嘘』/10月14日(土) 全国ロードショー/(C)2017「恋と嘘」製作委員会 (C)ムサヲ/講談社/配給:ショウゲート

作中では自由恋愛が禁止された世界で、3者がそれぞれの立場から相手にアプローチをしていきます。

例えば、蒼佑は初対面の時に花束を持って現れ、葵が幼い頃から思い描いていた、理想の運命の相手らしい登場を見せます。しかし、蒼佑は「実家の大病院を継ぐ」という親の決めた生き方を強要される人生に疑問をもっていました。

そのため、蒼佑は何事にも冷めていて、当初は政府通知の相手である葵に対しても「決まりごとだから」という態度で接します。しかし、葵との距離が次第に縮まる中で、ぶっきらぼうではあるものの、彼女に対する好意を態度で示すようになるのです。司馬が抱える“ある秘密”のために、これまで反発していた父親に相談するなど、葵の目の届かないところでも彼女を想い、行動するようになっていきます。

葵と蒼佑の初めてキスシーンで、「こういう時は好きって言ってからキスした方がいいのか」という蒼佑のセリフはぶっきらぼうな彼らしい台詞には、グッときてしまいます。

一方、司馬は政府通知が届いた後は身を引き、葵と蒼佑の恋愛を陰ながら見守ります。しかし、葵と一緒に過ごす中で、幼馴染の司馬だからこそ気付くことがありました。自分の気持ちを隠し、嘘をつく時は前髪を触るという彼女の仕草。葵のことを深く知っているからこそ、彼女の様子に気付いた司馬は、自分の恋心を押し込めながらも蒼佑との仲を取り持とうとするのです。

葵は優柔不断で、時間をかけても2つまでにしか絞れない性格。そんな彼女の好物であるクレープを注文する際に司馬は、さりげなく彼女の好きなメニューを2つ注文しておくのでした。なかなかイケメンな行動ですよね。相手のことを想うその姿は、理想の恋人像ではないでしょうか?

3人の恋愛関係は初めこそ、それぞれ一方向に向いていますが、各々が劇中で見せるアプローチにより、複雑に関係性が変化していきます。

気になる原作マンガの恋愛模様とは?

主人公の男子高校生・根島由佳吏と、高崎美咲と真田莉々奈との三角関係を描いた原作も、やはり由佳吏のもとに政府通知が届くところから始まります。しかし、映画版と異なるのは、由佳吏は政府通知の相手の莉々奈を選ぶのではなく、美咲に告白していることです。美咲は一度身を引くものの、自由恋愛が禁止されていることは理解しながらも、由佳吏との関係性を深めていきます。その積極的なアプローチを見せる姿は、どこか葵のキャラクターに近いものを感じます。

一方、莉々奈は蒼佑と同様に、ぶっきらぼうで率直な言い方しかできない性格の持ち主です。ただ、年頃の女の子らしく恋愛話が好きで、どこか理想の恋に憧れをもっている節があり、2人の関係を応援しようとサポート役に回ります。つまりは映画でいう司馬のポジションですね。しかし、由佳吏と友達以上恋人未満的の関係を続けるうちに、徐々に彼のことが気になりだし、恋愛感情を抱くようになるのでした。

主人公が男女変わることで、自由恋愛禁止の世界の恋がどのような展開を迎えていくのか。原作との違いを、比較してみるのも映画版の楽しみ方の一つとなるでしょう。

『恋と嘘』の世界では政府通知で選ばれたカップルが円満な家庭を築いていくというのが常で、“科学の赤い糸”は自由恋愛よりも信頼がおけるものとして描かれています。その中で、葵と司馬、蒼佑はどのような関係を築いていくのか? アナザーストーリーならではの結末を迎える本作は、最後の最後まで目が離せない内容になっています。

(文/Jun Fukunaga@H14)

記事制作 : H14

関連映画

マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。