『ミックス。』 10月21日(土)全国東宝系にて公開 (C)2017『ミックス。』製作委員会

広末涼子、真木よう子、蒼井優…“笑い”に走った美女キャラたちが面白すぎる!映画『ミックス。』

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

落語界を代表する理論派としても知られた故2代目桂枝雀は、人間が笑う構造を“緊張の緩和”という言葉で説明しました。これは緊張状態とその緊張が緩和された時、つまり対極に位置することが起きたときのギャップで笑いが生まれることを表した言葉です。

この理論に当てはまる映画が10月21日公開の『ミックス。』です。清楚なイメージのある美人女優たちが、思いもよらぬ超ハイテンションな演技に挑むというギャップで、笑いを量産しているんです。

笑いと恋愛とスポーツが絶妙に“ミックス”

(C)2017『ミックス。』製作委員会

『ミックス。』は、脚本家・古沢良太×主演・新垣結衣の「リーガルハイ」コンビが再びタッグを組んだ、ロマンティック・ラブコメディ。新垣演じる元天才卓球少女・多満子と瑛太演じるワケアリの元ボクサー・萩原が卓球の男女混合ダブルス(ミックス)のコンビを組み、全日本選手権への出場を目指す姿をユーモラスに描きます。

中でも特に笑いを誘うのが、古沢が作り上げたアクの強いキャラクターたち。主役級の美女たちが「イメージ大丈夫……?」と心配になるほど振り切った演技で笑いを生み出しているんです!

広末涼子が元ヤン!? 真木よう子があの熱血ママに!?

(C)2017『ミックス。』製作委員会

ヒロイン多満子が幼少期を回想するシーンでは、真木よう子演じる多満子の母親との特訓が描かれます。派手なシャツに、アップにした髪型、ニコリともせず鬼の形相でひたすらピンポン球を投げつける母親……。どこかで見たことがないでしょうか? それはまるで、“卓球少女”と呼ばれた有名卓球選手の母!?。自身が持つ強い女像を最大限にデフォルメした真木の熱血ママぶりには、クスリとさせられてしまいます

また多満子の実家の卓球クラブに所属する人妻・弥生役の広末涼子は、明るく元気なクラブのムードメーカー……かと思いきや、実は元ヤンキーという設定。傷心の多満子と酒を飲み交わすなど面倒見のいい姉御的な弥生。顔をくしゃくしゃにして多満子の肩を抱く広末の姿には、一度は居酒屋で見たあるような泥酔したおじさんの姿が重なってしまうから不思議です。

謎の中国人からメイクが雑なドラァグクイーンまで!まだまだいる個性派キャラ

(C)2017『ミックス。』製作委員会

個性派キャラの宝庫とも言える本作、脇役にも目が離せません。多満子らフラワー卓球クラブのメンバーが行きつけの四川料理店をきりもりするのは、蒼井優演じる中国人店員・楊。無愛想な接客ぶりの彼女ですが、実は相当な卓球の実力者で、主人公コンビが楊と彼女のパートナー張のコンビと対決するシーンでは、楊の強烈スマッシュが一閃! 「立てゴミどもぉぉ!!」と超ハイテンションな雄叫びを挙げる彼女の姿には、デビュー当時の清らかな面影は一切ありませんでした。

極めつけは、ドラァグクイーンのような大げさなメイクが目を引く、ジェーン・エスメラルダと名乗る謎の人物。大柄な体を活かした豪快なスマッシュを放つ彼女(?)を生瀬勝久が演じますが、どう見ても男にしか見えないその見た目には、「ふざけすぎ!」と思わずつっこみたくなってしまいます。

美女キャストがハイテンションな熱演を見せることで、爆笑シーン連続の『ミックス。』。一見バカバカしく見えることを真面目に全力で演じきることで笑いに説得力が生まれています。美女たちがそろいもそろってふざけているなんて後にも先にも、この映画しかないかも知れません。

(文/スズキヒロシ・サンクレイオ翼)

記事制作 : サンクレイオ翼

関連映画

マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。