9月18日に放送された「ミュージックステーション ウルトラFES 2017」(テレビ朝日系)内で行われた企画「ジャニーズ VS LIVE」にて、Kis-My-Ft2とA.B.C-Zとの「ウルトラダンス対決」が行われた。ほぼ同時期にデビューを飾った2つのグループが、それぞれステージ上でダンスパフォーマンスを披露し、視聴者を魅了した。ジャニーズには欠かせない「ダンス」だが、今回はそのなかでも、とりわけ高いダンスパフォーマンスに定評があるジャニーズを取り上げていこう。

ソロ活動でのダンスパフォーマンスにも期待! ジャニーズ・湘南コンビ

ダンスに対する評価が高いジャニーズとして、よく名前が挙がるのが元SMAPの中居正広だ。自他ともに認める「音痴キャラ」の中居だが、ダンスでは高いパフォーマンスでファンを惹きつけている。

かつて「中井正広のブラックバラエティ」(日本テレビ系)では、マイケル・ジャクソンのダンスを完全にコピーしたSMAPのライブ映像を放送。プロダンサーと共に、名曲にあわせて激しいダンスやムーンウォークなどを再現する姿を披露した。その姿に小倉優子は、「中居さんの見方が変わりました。」とコメント。カンニング竹山も「しゃべりのうまい人だけじゃなくて踊る人だったんですね」と大絶賛した。近年司会者としてなどタレント活動が多い中居だが、再び華麗なダンスを披露してくれることに期待したい。

また中居と同じく湘南出身の今井翼も、ダンスで魅せるジャニーズだ。今井はジャニーズJr.在籍時から、ダンスパートのリーダーを担当。ダンスのために単身ニューヨークへ修行に向かったという過去も持つ。そんな今井は、世界中で公演を行うダンスエンターテイメント「バーン・ザ・フロア」が来日した際、ゲストとして2度出演。監督は今井の資質を「どんな場所でも明るく照らしてしまうような、彼のスター性」とコメントしており、ダンスについても高く評価している。今年9月で「タッキー&翼」の活動は休止となったが、今後はソロでダンスを主軸とした活動にも取り組んでいくかもしれない。

激しいダンスでも涼しげな堂本光一

また今年デビュー20周年を迎えたKinKi Kidsの堂本光一も、ダンスで高い評価を得ている。2015年には「ミュージックステーション」にて、世界的に活躍する日本人ダンサーのケント・モリと、マイケル・ジャクソンのメドレーを披露。息のあったパフォーマンスにファンからも、「世界的ダンサーのケント・モリについていって涼しげな顔なのがすごい!」「キレとしなやかな動き、カッコイイ」「さすがジャニーズ!」といった絶賛の声多くが寄せられたようだ。

また光一の“ダンス熱”は、バラエティ番組でも顕在だ。「堂本兄弟2015新春かえってきましたSP」(フジテレビ系)では、AKB48の「Everyday、カチューシャ」を披露。AKB48のメンバーらと、全力でキレのあるダンスを見せつけ、視聴者たちを沸かせた。ミュージカル「SHOCK」でも長年主演をつとめ、舞台でも活躍している光一。ダンスのキレや圧倒的な体力はその賜物だろう。

高いダンスパフォーマンスで人々を魅了するジャニーズたち。その秘密は、レッスンにかける時間などの、並はずれたストイックさにあるのかもしれない。

(文/相場龍児)