『花男』『GANTZ』…嵐の興行収入ランキング!最も稼いだのは誰だ!

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

2017年も「嵐」が映画スクリーンを席巻する。リーダー・大野智主演の『忍びの国』は大ヒットを記録した。そして松本潤主演の『ナラタージュ』が10月7日より公開となり、11月には二宮和也主演の映画『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』も封切りを控える。本業のアイドルだけでなく、映画でも高い評価を得ている嵐のメンバーたちだが、過去の主演作で最もヒットしたのは誰の作品なのだろう? 嵐メンバーの出演作を興行収入順に並べたランキング(以下、《嵐番付》と名付ける)を発表する。

1位:一途な俺様…!嵐史上最も“胸キュン”な役どころ『花より男子ファイナル』

嵐メンバーの主演映画はどれもヒット作ばかり。その中でも他作品を大きく引き離して≪嵐番付≫断トツ1位に輝いたのが、興行収入77.5億円をたたき出した2008年の『花より男子ファイナル』だ。当時、大注目されていた『シックスセンス』や『ゲド戦記』を押さえ、映画歴代67位(※CINEMAランキング通信 2017年9月3日 興行収入社調べ)にもランクイン。邦画ラブコメとしては異例のヒットである。

連続ドラマから始まった「花男」シリーズの完結編である本作では、プロポーズから4年後のふたりの姿が描かれる。世界に名だたる財閥の長男で、独裁者として学園に君臨する道明寺を演じるのは松本だ。シリーズを通じて“俺様”の道明寺だが、主人公・つくしをひたむきに愛する姿は「カッコ良すぎて死ねる」「この作品で松潤のファンになった」と世の女性たちもこぞって目をハートにした。

2位:嵐イチの実力派によるハリウッドデビュー作『硫黄島からの手紙』

≪嵐番付≫で「花男」に次ぐ2位にランクインしたのは、演技に長けたメンバーがそろう嵐の中でも“ピカイチ”の演技力を持つといわれる二宮の作品。2003年の映画『青の炎』で単独初主演を飾り、その繊細な演技力で注目を浴びた。数々の作品に出演した二宮だが、役者としての地位を不動のものにした作品が、名匠・クリント・イーストウッドによる2006年のハリウッド映画『硫黄島からの手紙』(興行収入51.0億円)である。

一等兵・西郷役を務めた二宮は、その抑えた演技と独特の存在感で海外でも高く評価され、2007年1月28日の米ロサンゼルス・タイムズ紙では“Kazunari Ninomiya“の特集も組まれるほど、注目を浴びた。

3位:全米約300館でも上映された『GANTZ』

二宮はその後、2011年の映画『GANTZ』でも主演に挑戦。実は本作、全米約300館で先行上映が行われ、二宮は日米での同日舞台挨拶という偉業に挑戦している。本作は、≪嵐番付≫3位にあたる興行収入34.5億円の大ヒットを記録した。

4位:毒舌執事を見事に体現!『謎解きはディナーのあとで』、5位:つなぎも着こなす『ヤッターマン』

嵐名物“サクラップ”を担当する櫻井翔の主演作も大健闘だ。≪嵐番付≫4位には2013年の『謎解きはディナーのあとで』(32.5億円)、5位には2009年の『ヤッターマン』(31.4億円)が続く。前者は人気小説を、後者は国民的アニメを原作とした実写化作品であるが、いずれも「キリッとした執事役の翔君も素敵」「これだけカッコよくつなぎを着こなすなんて、さすが!」と原作キャラを見事に体現した櫻井に称賛の声が相次いだ。

6位:個性的なキャラがハマり役だった『怪物くん』

そして、6位にはリーダー・大野主演の2011年公開映画『怪物くん』(31.3億円)がランクイン。頑固で短気だが、愛すべき存在である怪物くん役を大野が演じ、「可愛い。完全にハマり役」「この役は童顔の大野君以外にはありえない」と大反響。従来の嵐のファン層を超え、キッズやローティーン層からの人気も獲得した貴重な一作となった。

興行収入で他のメンバーに大差をつけられてしまったのが、相葉である。自身のキャリアハイにあたる映画『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』(2014年)は興行収入約8億円と、他メンバーの作品に比べてかなり低めの結果に。しかし、「天才!志村どうぶつ園」(日本テレビ系)にレギュラーで出演したり、昨年2016年末には紅白司会も務めたりと、他のメンバーが進出しない分野で燦然と輝いているのも、また事実。強豪ひしめく≪嵐番付≫で今後、相葉が一発逆転1位を狙える役に期待したい。

(文/ナカニシハナ)
記事制作 : エクスライト