9月10日に結婚式を挙げたタレントのぺこ&りゅうちぇる夫妻。りゅうちぇる曰く「2人でこだわりすぎた結婚式」で、ぺこ曰く「こだわってこだわった結婚式」だそう。

昨今は一般人だけでなく、芸能人ですら入籍と結婚報告だけで済ませる地味婚がポピュラーになってきましたが、一方で豪華絢爛な結婚式を挙げる芸能人も健在です。今回は、その中からいくつかピックアップして、彼らの結婚式の様子を紹介します。

政財界からのゲストも多数!…北川景子&DAIGO

2016年の1月に、グランドプリンスホテル新高輪「飛天」の間にて挙式した北川景子&DAIGO夫妻。人気女優と元総理大臣の孫という、肩書きも派手な2人の結婚式は、期待を裏切らない華やかなものだったようです。

1,000人以上を収容できる会場には、芸能界で活躍するスターばかりでなく、政財界の大物たちの姿も見受けられました。超VIPな招待客が揃い踏みとなった結婚式の費用総額は、1,000万円を超えたという話もあります。

しかし、この式でもっとも話題になったのは、何といっても新郎DAIGOによるオリジナルのプロポーズソング。披露宴で歌われた、結婚してくださいを"DAI語"にした「KSK」は、おふざけ一切ナシの真面目なバラードでした。

「KSK」はファンからのリクエストもあって結婚式直後に音源化されました。

9度の挙式を決行!…神田うの&パチンコメーカー社長

2007年に年商1,500億円のパチンコメーカー社長と結婚した神田うの。費用総額6億円の披露宴では、自身がプロデュースしたウェディングドレスブランドのファッションショーを、お色直しを兼ねて行っていました。

まさに本人のイメージ通りの派手婚といえますが、驚きなのがその後に何回も結婚式を挙げていること! グアム、ハワイ、サイパン、バリ島、モルディブ、ニュージーランド、ニューカレドニア、沖縄と、2017年10月現在までに9回も挙式しているのです。その総額は幾らになることやら……。こうなったら、いっそ記録を更新し続けて欲しいものですね。

芸能史に残る派手婚からの離婚!…藤原紀香&陣内智則

2007年に結婚した藤原紀香と陣内智則。大女優と若手芸人という驚くほどの格差婚は、世間に大きな衝撃を与えました。さらに驚かされたのが超ド派手な結婚披露宴です。芸能界の重鎮たちも含めた600人が出席し、テレビ中継まで行った、芸能界の歴史に残る挙式でした。しかし、そんな2人は結婚式から約2年後にアッサリと破局。あの派手な式はいったい何だったんだ……と思った方もいたのでは?

そんな破局劇で一番のとばっちりを受けたのは、人気ミュージシャンのコブクロです。披露宴では彼らの名曲「永遠にともに」を、陣内智則が音を外しまくりながらも弾き語りしたのですが、そのインパクトと離婚のイメージが強すぎたせいか、結婚式ではめったに使われなくなってしまったようです。コブクロ自身もその後ライブでの演奏をしばらく封印し、2015年頃にようやく解禁させています。

まさかの2度目の派手婚!…藤原紀香&片岡愛之助

その後、藤原紀香は、歌舞伎役者の片岡愛之助と2016年9月に再婚しています。陣内智則との離婚後、セレブ女優として確固たる地位を築いていた藤原紀香が、まさかの梨園入りとなりました。

藤原紀香にとって2度目となる結婚式は、帝国ホテルで出席者600人を集めた和装婚。費用総額2億円とも5億円ともいわれている派手婚で、そこに藤原紀香の生きざまを見たような気がします。

会場作りからぺこりゅうワールド全開!…ぺこ&りゅうちぇる

2017年は前年に引き続き、不倫や浮気の話が多く取り沙汰されていましたが、その中にあってぺこ&りゅうちぇるの派手婚は、幸せいっぱいの良いニュースだったと思います。

式のドレスコードはアメリカンレトロスタイルで、世界観を統一するために、100名ほどの参列者にもこれを徹底。本人たちもイメージに合わせた純白のウェディングドレスやキュートなレトロファッションを披露していました。ちなみに、ぺこのドレスはオーダーメイドで、1着100万円は下らないといわれています。

会場にもとことんこだわり、東京八王子にある「ヒルサイドクラブ迎賓館」の貸し出しスペースを大胆にアレンジ。1960年代風のダイナーを作り、床にタイルを敷きなおし、壁もカウンターも電飾でピンクに統一するなど、別の会場のように作り上げたとか。

ゆうに1,000万円ほど掛かったのではないかと予測されるぺこ&りゅうちぇるの挙式。芸能人らしい派手婚といえるでしょう。2018年はキナ臭い話を吹き飛ばすかのように、派手婚をしてくれる芸能人が増えてくれるといいですね。

(文/岸とも子@H14)