NEWシネマ歌舞伎「四谷怪談」 9月30日公開 (C)明緒

中村獅童演じる“究極のダメ男”、「四谷怪談」伊右衛門の放つ抗いがたい色気とは?

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

文=大谷隆之/Avanti Press

ああ俺は、これまで中村獅童という役者の、一体どこを見ていたのだろう──。2016年初夏、渋谷・コクーン歌舞伎の第15弾「四谷怪談」を観終わった後、真っ先に浮かんできたのはそんな溜息まじりの感想でした。主役の民谷伊右衛門を演じた獅童さんの圧倒的な色っぽさに、心底びっくりしたからです。

全身から滲む、浮かばれない色男の切ないオーラ

NEWシネマ歌舞伎「四谷怪談」 9月30日公開 (C)明緒

もちろんそれまでも、“歌舞伎界の異端児”と言われた彼の活躍は、映画やテレビでたくさん目にしていました。たとえば、クリント・イーストウッド監督の『硫黄島からの手紙』(2006年)で演じた海軍大尉。いつもは威張っているくせに、いざ戦闘となると部下の命を平気で踏みにじる“イヤ~な感じ”は、今も強く記憶に残っています。あるいは近年では、NHKの「トットてれび」(2016年)もすばらしかった。満島ひかりが黒柳徹子役を演じ、戦後テレビ史をぎゅーっと凝縮したこのドラマで獅童さんが担当したのは、稀代の喜劇俳優・渥美清。決して明るいだけじゃない。寂しさや孤独癖も滲む「寅さん」の素の表情は、多くのドラマ通を唸らせました。

けれどコクーン歌舞伎「四谷怪談」の伊右衛門には、そのどれとも異なる質感があった。イケメンで女たらしで、薄情者。自分勝手で思慮も浅くて、すぐ目先の利益に流される。そして、そんな自分の薄っぺらさを、心のどこかで分かってもいる。舞台上のなにげない立ち姿からも、浮かばれない色男の切ないオーラが滲んでいて…。まさに歌舞伎役者の本領。そのセクシーさ、哀れの深いカッコよさは、わが目の節穴っぷりを嘆きたくなるほどでした。ああ、こんな獅童さんはまったく知らなかった、と。

舞台中継とはまったく違う“シアトリカル・ムービー”

NEWシネマ歌舞伎「四谷怪談」 9月30日公開 (C)明緒

そんな“究極のダメ男”の放つ類い希な色気を、さらに生々しく体感できるのが、9月30日公開の『NEWシネマ歌舞伎「四谷怪談」』。昨年の公演にのべ20台近くのカメラを持ち込み、膨大な映像素材を再構築した新感覚の“シアトリカル・ムービー”です。

監督は舞台版の演出・美術を手がけた串田和美氏。日本を代表するこの演劇人は1985~96年、「Bunkamura シアターコクーン」の芸術監督を務めていました。2012年に惜しまれつつ逝去した中村勘三郎(十八世)と共にコクーン歌舞伎を立ち上げ、斬新な企画で新風を吹き込んだ功労者。そんな“育ての親”が、クローズアップやカットバックなど映画ならではのテクニックを採り入れて、従来の舞台中継とはまったく違う世界観を提示してみせた。それもまた、「NEWシネマ歌舞伎」の大きなポイントと言えるでしょう。

記事制作 : Avanti Press(外部サイト)