(C)2017『ミックス。』製作委員会

窪塚のアノ名言に、負けたら死ぬデスマッチ…“地味”なんて言わせない卓球映画5選!

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

これまで“地味なスポーツ”という印象が拭えなかった卓球。しかし近年では、福原愛選手の結婚や日本選手のめざましい活躍が話題になったり、2020年の東京オリンピックで男女混合ダブルスが追加種目に採用されたりと、その立ち位置が見直されているように感じられます。

これまでも卓球を題材にした映画はいくつも製作されており、年齢や性別に関係なくできる競技であることから、他のスポーツ映画とは異なる独特な魅力を放っています。今回は10月公開の『ミックス。』を交えつつ、多彩な卓球映画をご紹介します。

名言連発!青春卓球映画の金字塔『ピンポン』(2002年)

アラサー世代から絶大な人気を誇る卓球映画と言えば『ピンポン』(2002年)。ストーリーは卓球少年・ペコの挫折と復活を描く王道的なものですが、人気絶頂だった窪塚洋介と、モデルから俳優に転身した井浦新が主演を、SUPERCARや石野卓球、BOOM BOOM SATELLITESなどの豪華な面々が劇中音楽を務め、当時の若者文化をぎゅっと詰め込んだ勢いのある作品となりました。「I can fly!」「“さん”くれろ」「おかえり、ヒーロー」など、続々と繰り出されるオリジナリティあふれる名台詞を真似した人も多いのではないでしょうか。

また本作は、当時の映画界においてビジュアル再現率の高さも衝撃的でした。窪塚洋介のペコや井浦新のスマイルはもちろん、中村獅童が髪や眉を剃って臨んだドラゴン、スキンヘッドに黒縁メガネをかけた大倉孝二のアクマなど、全員のビジュアルは松本大洋が描く原作漫画そのもの。今日の実写化作品は再現率の高さが話題になることもしばしばですが、その先駆け的な存在と言っても過言ではありません。
15年も前の作品ですが、今見ても新しく、卓球をオシャレに見せてくれる一作です。

「温泉で卓球」ブームを巻き起こした『卓球温泉』(1998年)

寂れた温泉街を卓球で立て直そうと、松坂慶子演じる主婦と街の人々が奔走するコメディ映画『卓球温泉』(1998年)。『Shall We ダンス?』(1996年)のプロデュースチームが手がけているとあり、ほっこりとした笑いに包まれる穏やかな仕上がりになっています。本作が他の卓球映画と異なるのは、“卓球はラリーが続いてこそ面白い”という考えのもと、卓球を競技ではなくコミュニケーションツールとして用いている点です。本作を機に「卓球で温泉をする」という流行が復活しました。

また、松坂慶子の息子役として、当時「ヨースケ」名義で活動していた窪塚洋介が出演しているのも見逃せないポイント。金髪不良少年かと思いきや実は心の優しい息子で、ラストでは蟹江敬三演じる父親とともに母を迎えに行きます。浴衣姿での卓球も披露していますが、『ピンポン』(2002年)で見せる鋭いラリーではなく、あくまで相手を思いやった優しいラリーとなっています。

挑む試合はデスマッチ!? おバカ卓球映画『燃えよ!ピンポン』(2008年)

アメリカでも卓球を取り上げた映画が製作されています。『燃えよ!ピンポン』(2008年)は、かつて卓球の天才少年ともてはやされたものの、気づけば卓球曲芸で細々と生計を立てている中年男が主人公。ある日、裏社会で行われる卓球の世界大会へ出場することになりますが、それはただの卓球大会ではなく、負けると殺されてしまうデスマッチ・トーナメントだったのです。

同時に4人と打ち合うことができるヒロインや盲目の卓球マスターなど、ありえない超人やパロディ、ギャグが全編に散りばめられていますが、クリストファー・ウォーケンやマギー・Q、ロバート・パトリックなど、出演しているのは超一流の俳優陣。製作費は25億円以上かけているとあって、和洋折衷の美術や衣装はとにかく豪華で、CGやカンフーアクションも本格的です。
おバカコメディにも全力で挑むハリウッドの凄みと、もはやアクションと化した卓球プレイが見どころです。

記事制作 : YOSCA

シリーズ

関連映画

マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。