ニコルは大御所とマブダチ、マリエは収入カツカツ!? タメ口タレントたちの明暗

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

若い女の子を中心に絶大な支持を受けるタレント、“にこるん”こと藤田ニコル。今やテレビで見ない日はないというくらいの活躍ぶりだが、ニコルといえば、特徴的なのが「タメ口」。しかし、「タメ口タレント」の中でも昨今は明暗が分かれているようだ。

意外と礼儀正しくて性格が良い!? 藤田ニコルの人気の秘密

有吉弘行が9月7日放送の「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)で、タレントのタメ口問題について、「オレはその人の才能とか資質を見ますよ」とマジな発言をし話題に。狙ってやっていることが透けて見えるタレントはNGであることを明かし、「潰れていく子は潰れていく」と、オンエアでは伏せられていたものの、実名を挙げて持論を展開した。なんとなく「あの人かなぁ~」なんて思ってしまった人も多いはず……。

藤田ニコルの場合、当初は「タメ口がうざい」など批判の声が多かったものの、「楽屋はプライベートな空間だから入る前のところで立ってあいさつが基本」など、礼儀や性格の良さ、トーク力で徐々に好感度を上げ大活躍。8月には「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)にて大御所・梅沢富美男が「礼儀正しい」「頭がいい」とニコルを絶賛。「マブダチなんだよ!」と、普段からかなり可愛がっていることを告白した。

元祖ハーフタメ口タレントともいえるローラは、2016年11月放送の「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)出演の際に海外のエージェントと契約したことを告白。バラエティ番組での仕事をこなす一方、映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』で主演のミラ・ジョボビッチとともに戦う女戦士役でハリウッドデビューも果たすなど、本人の希望通り仕事の幅を広げて、海外の雑誌やイベントでも活躍を始めている。

マリエも水沢アリーもダレノガレ明美も、みんな生き方を探している…!?

一方で、あまりテレビで見かけなくなったタメ口タレントもいる。かつて見ない日はないほどの人気だったセレブタレントのマリエもそのひとり。8月17日に放送された「有吉ジャポンゴールデンSP」(TBS系)で、久々にその姿を見せた。現在は今年6月に自身が立ち上げたファッションブランドのデザイナーとして、地道に活動している様子。作業場のガレージで仕事に勤しむ姿が番組で紹介されるなど、すっかりイメージチェンジしている。9月4日の「バイキング」(フジテレビ系)にVTR出演したマリエは、かつてタメ口キャラだった自分の姿を見て「イラッとする」「現在の収入はカツカツ」と話して話題となった。他にも、「第2のローラ」として活躍した水沢アリーは、テレビ界から離れ起業家として活躍しているようだ。

また、現在もバラエティ番組などに出演するダレノガレ明美は「タメ口OKな人とダメな人を使い分けている」と明かしている等、みんな自分の生き方をしっかりと考えているんだなあ~と妙に感心してしまう。

こうして考えてみると、タメ口でありながら若くしてしっかりと自分のポジションを築き、テレビで活躍し続けている藤田ニコルって相当な実力者なのではないだろうか? もしかしたらローラのように、さらに活動の幅を広げることもあるのかも……!? これからの藤田の成長にもぜひ期待していきたい。

(文/ゆきかたとも)

水沢アリーにマリエ…懐かしのタメ口タレントたちにも新しいステージで頑張ってほしいものですね!
アマゾンなら本、日用品、ファッション、食品、ベビー用品、カー用品ほか一億種の商品をいつでもお安く。
これからの活躍も期待される藤田ニコル関連作品はこちらからチェック!

記事制作 : dmenu映画