映画『ミックス。』は10月21日より全国公開

『ミックス。』新垣結衣&瑛太 インタビュー

インタビュー

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

アドリブ満載!相性抜群な二人

映画『ミックス。』で新垣結衣と瑛太が初共演。卓球の天才少女だったヒロインが、元カレを見返すために亡き母の遺した卓球クラブを継ぎ、凸凹なメンバーを集めて男女混合(=ミックス)ダブルスで全日本選手権に挑む。スポ根ものにして笑って泣ける人間ドラマ、やがて心躍るロマンティックコメディーに着地する本作で共演した二人が撮影を振り返った。

初めて会った瞬間に感じたこと

Q:お互いの第一印象を覚えていますか?

新垣結衣(以下、新垣):卓球の練習のためにお会いしたのが最初でした。まだ練習を始めていないから二人とも全然できないんですけど、教えてくださる先生が「ミックスを組んで打ち合ってみよう」って。それでやってみたらやっぱりダメダメだったんですけど(笑)、瑛太さんが「すごく楽しい!」と言ってくださって。それで私もスイッチが入ったというか、気合いを入れてもらった。一緒に楽しみたいと思えました。

瑛太:ミックスを組むってことはどこかでお互いを尊重し合っていないと組めないと思うんです。それで人って初めて会った瞬間に、パンッ!と感じるものがありますよね。波長が合うかどうかの感覚が、新垣さんとお会いしたとき、合う! と思ったんです。それで「これイケる!」と大きな声を出していました(笑)。

新垣:そうでした。「おはようございます」はすごくちっちゃい声だったのに(笑)。

瑛太:そう、テンションが上がっちゃって。

Q:脚本を読んだ印象は?

新垣:まず卓球とラブストーリーという組み合わせが新鮮だなと。それで、キレイなお話だと思いました。王道のラブストーリーというより、ちょっとクセがあるんですけどすべてがちょうどよくて。

瑛太:僕はガッキーとミックスできるってことで、もうやりたい! と自分の中で即決でした。絶対に面白くなるだろうと思ったので。脚本はスポ根ものでもラブストーリーでもあって、映画を観るお客さんにたくさんの要素でいろいろなことを伝えられる作品になると思いました。

コメディーは思いっきりやる!

Q:瑛太さんはかなりアドリブを仕掛けたそうですね?

新垣:この映画の脚本家である古沢良太さんと以前ご一緒したテレビドラマ「リーガルハイ」シリーズは、脚本をそのまま読むだけで画がイメージできるんです。それが今回は、瑛太さんが「余白がある」とおっしゃっていたのですが、撮影現場でいくらでも変えられるような脚本でした。それで瑛太さんは本番を重ねるたびにアドリブを加えたりセリフの言い方に変化させたりして、より深いシーンや楽しいシーンになりました。そういう変化が楽しかったです。

瑛太:やりようによってそのシーンのニュアンスがいろいろ変わってくる脚本でした。どこかに自分の表現を付け加えることで、萩原と多満子の距離感みたいなものを色濃く表現できる気がしました。

新垣:脚本のト書きに書かれていないこと、相手に触れるのか触れないのか? なにか言葉を発するのか発しないのか? そうした変化が、テイクごとに常にありました。予定調和でないことが起きてほしい、そう思って自然にやったことが毎回違っていたのかなと。

瑛太:そうですね……。萩原が多満子にどう触れるのか? 触れ方だけじゃなく、触れるタイミングもちゃんと考えておかないといけないですよね。ある程度はわかりやすい表現も必要だと思いました。ラブストーリーにありがちな、というわけでもないですけど、頭をぽんぽんってするみたいな仕草とか、ポイントとしてそういう動きを入れたほうが面白かったりするのかなと。客観的に観たときの萩原と多満子の距離感や、萩原はどこかで多満子を抱擁したいと思っているその気持ちなどを踏まえ、表現としての遊びじゃないですけど、変化を楽しんでいたところはあるかもしれません。

Q:ロマンティックコメディーとして、わかりやすい表現を意識されたということですか?

新垣:コメディーの部分に関しては、思いっきりやる! ということくらいです。萩原と二人のシーンは、基本的に受け身でした。お芝居もそうですが、瑛太さんには常に引っ張ってもらっていました。何かが落ちてきてぶつかるとか、お笑いです! コメディーです! みたいなお芝居は、多満子の回想シーン以外はあまりなくて。一生懸命にやっているのに本人が不器用でうまくいかないとか、掛け合いの間やテンポでちょっと滑稽に見せる感じにしました。

瑛太:僕自身も一生懸命にやっているところを笑われる、みたいな役が多いんですね。最近の風潮ですと(笑)。新垣さんって、セリフのリズム感がすごくいいんです。呼吸の仕方なのかセリフの抑揚のつけ方なのか、お芝居全体のリズムが心地いい。

新垣:単純に自分が気持ちいいリズムで言っているだけなんですけど。昔からコメディー作品にはよく出させてもらっていて、単純に好きです。コメディーはずっと楽しいし、ずっと大変。でもこれまでの作品で鍛えられた部分がいま活かされているのだとしたらよかったです。

僕のサーブは誰にも返せない?

Q:卓球はかなり練習されたのでしょうか?

瑛太:僕は単純に遊んでいました(笑)。卓球って誰でもできるスポーツだし、練習は全然、苦じゃなかったです。

Q:誰が一番強かったですか?

瑛太:一応、僕みたいです。さっき、ガッキーに聞いたら。

新垣:勝負に勝った回数で言うと、どうやら瑛太さんが一番です。

瑛太:卓球の先生に「ライバル役の瀬戸(康史)君を倒すためのサーブを教えてください」と裏で聞いて、ずっと練習したんです。だから僕のサーブは絶対に返せない。それで僕が勝つんです(笑)。

新垣:多満子は小さいころから卓球をやっているという設定だったので、誰よりも上手でありたいと思っていました。練習の際、フォームをほめていただけたので、勘違いしたままやりきりたい! と思って、あまり球に触れないようにしていました(笑)。

Q:完成した映画を観た感想は?

新垣:個人的にとても好きです。自分の出演作としてこれからもずっと残っていくのがうれしい、素直にそう思える作品です。

瑛太:ガッキーってすごいな! って思いました(笑)。お芝居はもちろんですが、多満子を演じているけれど、やっぱり新垣結衣という人がとても魅力的なんだということが伝わってきます。それに仕事への取り組み方や姿勢もそう。座長として誠実に向き合い、作品をいかに良くするかという意識を持ち続けていることが、画に映っていたと思います。

取材・文:浅見祥子 写真:高野広美

記事制作 : シネマトゥデイ(外部サイト)

関連映画

マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。