『覆面系ノイズ』 11月25日(土)より全国ロードショー! ©2017映画「覆面系ノイズ」製作委員会

叔父は“嵐”の作詞作曲を担当!『覆面系ノイズ』は志尊淳の才能に注目!?

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

ドラマ「きみはペット」(フジテレビ系)のモモ役で注目を集め、映画『帝一の國』やドラマ「植木等とのぼせもん」(NHK)、12月公開の映画『探偵はBARにいる3』など、話題作で重要な役どころを演じている若手俳優・志尊淳。11月には映画『覆面系ノイズ』にも作曲担当兼ギタリスト役で出演することが話題になっている。

覆面バンドの作曲担当を熱演する志尊の叔父は嵐に楽曲提供したあの人!?

志尊が演じるのは、幼少期から曲作りをし、「in No hurry to shout(イノハリ)」という覆面バンドで作曲とギターを担当している少年・ユズ。幼少期に出会った中条あやみが演じる、ヒロインのニノと高校生になってから再会し、バンドのボーカルに誘ったところからはじまるラブストーリーだ。劇中でも演奏を披露する「イノハリ」は、人気覆面バンド・MAN WITH A MISSIONが書き下ろした楽曲で11月15日にメジャーデビューすることが決定している。

実は、志尊は音楽との関わりが深い俳優だ。今年4月27日に放送された「VS嵐」(フジテレビ系)に出演した際、「どうしても嵐に伝えたいこと」として、叔父が2003年にリリースされた嵐のシングル「ハダシの未来」を作詞作曲したシンガーソングライターの宮﨑歩だということを告白し、嵐のメンバーや視聴者を驚かせた。

祖父もあの有名炭酸飲料のCMを作曲!音楽一家の志尊家!?

叔父・宮﨑歩が手がけた「ハダシの未来」は、発売当時コカ・コーラのCMに起用されていたが、実は宮﨑の父で志尊の祖父にあたる宮崎尚志も、初代コカ・コーラのCM曲を作曲した音楽家だという。親子二代で同じ有名炭酸飲料のCMを担当した話を宮﨑歩自身から聞いたと嵐の櫻井翔が話すと、さらに驚きの声が。宮﨑歩は、他にもV6、KinKi Kids、KAT-TUN、近藤真彦などのジャニーズグループにも多数の楽曲を提供しており、ジャニーズファンのあいだでは有名な存在のようだ。さらにジャニーズ以外にも、中島美嘉、JUJU、土屋アンナなど、多くの有名アーティストへ楽曲提供を行っている。

実は、志尊の音楽とのつながりはこれだけではない。宮﨑歩の兄も音楽家で、祖父・宮崎尚志の妻はNHKの“初代うたのおねえさん”という音楽一家なのだ。おそらく子どものころから音楽が身近にあったであろう志尊がバンドの作曲担当を演じることは、必然だったのかもしれない。

ギター経験はないという志尊だが、すでに公開されているイノハリのミュージックビデオでは立派なバンドマンの姿が見られる。映画での演技はもちろん、音楽一家の血を受け継ぐ志尊のギタープレイにも期待したい。

(文/河村綾香)
記事制作 : エクスライト

関連映画

マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。