北イタリアにあるトリノを舞台に、女同士の友情と母&息子の絆を温かな筆致で描いた映画『はじまりの街』(10月28日より公開中)。孤独を抱えた心優しい登場人物たちが織りなすリアルな人情ドラマの素晴らしさもさることながら、ぜひ注目して欲しいのが、息子であるヴァレリオ役を演じた、アンドレア・ピットリーノの美少年ぶりです。愁いを帯びた瞳とはにかんだ笑顔で、母性本能をくすぐりまくるアンドレアの魅力に迫ります!

イタリア発、将来有望の若きイケメン、アンドレア・ピットリーノ

イタリアから、将来有望の若きイケメン俳優が誕生! その名は、アンドレア・ピットリーノ。9歳からテレビドラマや映画で子役として活躍してきたピットリーノですが、最新作となる『はじまりの街』では、実年齢と同じく思春期真っ只中の13歳のヴァレリオ役を好演。イタリアを代表する2大女優(マルゲリータ・ブイ、ヴァレリア・ゴリーノ)を相手に、堂々たる演技を披露しています。

愁いを帯びたピットリーノの美しい瞳に釘付け!

ピットリーノが演じているのは、暴力を振るう父から逃げるため、母とともに母の学生時代の親友カルラを頼ってローマからトリノに引っ越してきたヴァレリオ。見知らぬ街を一人、自転車でひた走る孤独な少年の心情を見事に体現する、ピットリーノの愁いを帯びた美しい瞳は、観客をスクリーンに釘付けにするほど強力なパワーを秘めています。

困難にめげることなく身を粉にして働く母を気遣いながら、ある出来事をきっかけに、ヴァレリオがずっと抑えていた感情を一気に爆発させるシーンも、本作の見どころの一つ。大人びたクールな表情の下に、脆くて傷つきやすいガラスのハートを抱える、ピットリーノの健気でいじらしい姿に胸を打たれます。

初デートを控えた、恋する少年の初々しい笑顔にノックアウト!

さらに、年上のストリートガール、ラリッサとヴァレリオの甘酸っぱくて苦い初恋を描いたシーンでも、思春期真っ只中のピットリーノの美少年ぶりが炸裂します。

初デートを控え、鏡の前で真剣な面持ちで髪形を整える姿をカルラに目撃され、はにかむヴァレリオの笑顔は、まさに恋する少年そのもの! 大人の階段を上るピットリーノの魅力が際立つ名シーンと言っても間違いありません。

ラリッサとヴァレリオの淡い恋は、ほどなくして残酷な形で終わりを告げることになるのですが、恋する相手に向けられたピットリーノの純粋無垢な眼差しは、きっと多くの観客の脳裏に刻まれることでしょう。スクリーンいっぱいに思春期ならではの眩い輝きを放つ、イタリアの若きイケメン、アンドレア・ピットリーノに、ぜひ注目してみてください!

(文/渡部喜巴@アドバンスワークス)