2015年8月、「超・スピード婚」したことで大きな話題となった俳優・山本耕史と元・女優の堀北真希。今年9月26日に放送された「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に山本が出演し、結婚について改めて語ったことから、再び世間の注目を集めています。

超・スピード婚の理由は「交際しているヒマがなかった」から !?

同番組において山本は、自身の結婚について「交際しているヒマがなかった」と前置きした上で、「(共演した)舞台が終わるタイミングで(堀北から)連絡がきて、それから2ヶ月後に結婚しました」「結婚してから、初めてデートもして」と告白しました。

そんな、まさに“交際0日”で結婚した山本・堀北は、スピード婚を果たしたカップルの代名詞的な存在になっています。しかし、スピード婚したことで話題となったカップルは、過去にもいることをご存じですか?

森三中・大島は婚姻届を提出した後に、初デート!

例えば、お笑いトリオ・森三中の大島美幸と鈴木おさむ夫妻は、およそ15年前に“交際0日”で結婚したカップル。今年3月22日放送の「1周回って知らない話」(日本テレビ系)に夫婦そろって出演した際、当時のエピソードについて詳しく明かしました。

「どうして交際0日で結婚したの?」という世間の声の問いかけに対し、鈴木は「実験です」と回答。続けて、「恋愛結婚したら、絶対に2年で離婚するなって考えていた。(そんな時)TVで初めて女芸人の裸を観て笑ったんです。こういう人と結婚したらどうなるのかな、と思って」と説明しました。一方、大島は「『知らない人と結婚したくない』と母親に相談したけれど、『あんたみたいなブス、もらってくれるだけありがたい』と言われ、妙に納得した」と語っています。

そんな2人が、初めて2人きりの時間をもったのは、婚姻届を提出した後とのこと。訪れた場所はファミレスだったそうですが、その時のことを振り返りつつ鈴木は「気まずいな(と思った)」と話しました。初デートは結婚後という、視聴者の結婚観を大きく揺るがしそうな何ともユニークなエピソードです。

結婚した実感が湧かなかった!? 女優・菅野美穂

俳優・堺雅人と女優・菅野美穂も、スピード婚を果たしたカップルとして知られています。2人が結婚したのは、2013年4月のこと。当時の様子や結婚のきっかけなどについては、結婚翌月に発売された女性誌『InRed』のインタビューページで明らかにされています。

該当のページで菅野は、映画『大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]』での共演が結婚のきっかけだったことを明かし、「一緒に仕事をすると、いいところや問題が起きた時の対処の仕方が見えてきます」「役者としても人としても尊敬できる方が私でいいって言ってくれたんだから、腹をくくろうと決めました」と話しています。また、自身の結婚については「タイミングも展開も予想外で、自分のことなのかなって思うくらい(驚きました)」と語ると同時に、「区役所に二人で行ったときに、やっと自分のことなんだって少しずつ実感が湧いてきました」と告白しました。

大物芸能人であっても結婚というのは意外と実感が湧きづらいもの。お互いの距離を縮めていくことが大切であることが伝わる、この告白はファンにとっても身近に感じられるエピソードでした。

“交際0日”でも、幸せになれる!?

また、今年5月に離婚を発表したお笑いコンビ・ココリコの田中直樹と女優・小日向しえも、ほぼ“交際0日”で結婚したカップル。実際、小日向は2012年5月9日放送のバラエティ番組「笑っていいとも!」(フジテレビ系)に出演した際、「(結婚するまで)キスしたことも手をつないだこともなかった」と話しています。

さらには、シンガー・ソングライターの泰葉は、先月20日に20歳年下のイラン人男性との婚約を発表。しかし、2人は結婚の約束をするまで、ビデオチャットでのやり取りはしたものの、面と向かって話したことは一度もなかったそうです。

“交際0日〜3ヶ月”のスピード婚を果たしたカップルを紹介しましたが、結婚生活のその後の成り行きは、さまざまです。大島・鈴木夫妻や堺・菅野夫妻いたっては、良好な夫婦関係を築いているように見えます。交際期間と結婚が成功するか否かは、実はあまり関係ないのかもしれませんよ!

(文/おがたま)