(c)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

魔性をまとった蒼井優の最新作は“エロく、醜く、美しい映画”に…白石和彌監督インタビュー

インタビュー

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

『凶悪』(2013年)、『日本で一番悪い奴ら』(2016年)と“男くさい”映画群で頭角を現し、今や日本映画界を牽引する存在として注目されている、白石和彌監督。「日活ロマンポルノ」リブートプロジェクトの一作として女たちの猥歌を唄った映画『牝猫たち』(2017年)の次に手掛けたのは、女流作家・沼田まほかる原作の『彼女がその名を知らない鳥たち』(10月28日公開)。主演は蒼井優、共演に阿部サダヲ、松坂桃李、竹野内豊という豪華布陣で描かれた究極の愛の物語は、蓋を開けてみると白石監督“ひとりロマンポルノ・リブート・プロジェクト第2弾”だった。出演俳優はもちろんのこと、各所属事務所関係者をうならせ、リスクの高い企画を傑作映画に昇華させた白石監督の演出術に迫った。

不倫百花繚乱の時代にベストマッチ

『彼女がその名を知らない鳥たち』 / (c)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会
10月28日(土)新宿バルト9他全国ロードショー / 配給:クロックワークス

ルックスだけの自己中心的な男たちに次々と堕ちていく、クレーマーのヒロイン・十和子(蒼井)。そんな十和子をどんなことがあっても献身的に支える下劣な夫・陣治(阿部)の愛。リアル世界もフィクション世界も不倫百花繚乱の昨今にあって、タイムリーな内容でもある。白石監督は「企画を出した段階ではそこまで時代がマッチしていなかったけれど、公開の今になって不倫百花繚乱の時代になった。裏を返せば、世間というのは不倫話が大好きということ。そういう意味では時代にベストマッチした」と偶然の一致に驚きながらも、先見の明を喜ぶ。

ノンフィクション原作の映画で名を挙げた白石監督にとって、ラブストーリー原作を手掛けるのは初めてだが、惚れ込んだポイントがいささか変わっている。「自分の大嫌いなクレーマーが主人公であるという点もよかったし、原作を読んでいる間中、ずっと醜く、汚く、嫌なものを読まされている気がした。しかし、読み終えてみると『なんて美しい物語だったんだ』と思わされた。結末を知った途端に、汚れた部屋、醜い人間関係などを含めてすべてが美しく見える。その反転の構造から生まれる人間ドラマに惚れた」。恋愛モノを取り扱いながらも、人間の深淵を覗くかのような鋭い眼差しは濁らない。

一皮脱ぎたいという思いはあったはず

『彼女がその名を知らない鳥たち』 / (c)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会
10月28日(土)新宿バルト9他全国ロードショー / 配給:クロックワークス

原作を読み終わった段階で、十和子役に蒼井優を思い浮かべた。「蒼井さんは不細工にも、この世のものとは思えないくらい綺麗にもなる魔性をまとった女優さん。女優として自分の見せ方を熟知しており、それがこの映画には重要だった。同じ世代の中ではトップクラスの実力派。この世代から選ぶとなったら蒼井さんが一番にきた」という。だがベッドシーン、暴力シーン、直接的な性表現に挑戦しなければいけない箇所もあり、プロデューサーでも監督でもない、俳優ファーストの日本映画界にあってキャスティングは難航必至。しかし蒼井は二つ返事で引き受けたという。

白石監督は「蒼井さんに誠心誠意どのようなシーンがあるのかを正直に説明し、それがダメだったら僕も諦めようと思った。でも実際に会って話をしたら、お互いにイメージしているものに齟齬がほとんどなかった。企画を立てた段階では、蒼井さんもちょうど30歳になるかならないかのタイミング。30代になるにあたってもう一皮脱ぎたいという思いはあったはず」と二つ返事の真意を分析する。

むしろ驚いたのは、ゲス不倫相手の水島役を務める松坂の快諾だ。「世間のイメージも松坂さん本人も爽やかなので、なぜ引き受けたの!?と思うくらい酷い男の役。彼から『こんな面白い役はない!』と乗り気の返事をもらったときは『え!? やってくれるの!?』とこっちが驚いたくらい。ならば徹底的に美しく、徹底的に醜く撮ってやろうと気合が入った」と役者魂に感謝する。

表面的なエロスじゃなく、関係性を語る上で必要な描写

ベッドシーンの撮影については「ありがちなパターンとして『役割のない男は全員外!』と現場がピリピリしがちだけれど、僕の場合は極力明るい雰囲気を作ることを心掛けました。撮影の順番も2人の関係性をゆっくりと作り上げた段階で用意した。蒼井さんからも、この役に対して勝負をかけてやり切りたいという覚悟を感じた」という。そのような撮影中は「ベッドシーンでは常識だけれど、各事務所の担当者がモニターの前に来て厳しい視線の中で撮影は進む」そうだが「そのシーンの撮影が終わった後にチェックしていた方々が『白石監督はこんなにも綺麗なものが撮れるんですね!』と感心してくれた。それもあって、エロくも美しいものが撮れたという手応えがある」と自信を込める。

陣治が水島の登場によって、性的欲求を高めた十和子を手で慰めるというキワドイ描写もあるが「表面的には単なるエロ描写に見えるけれど、そのようなシーンこそセリフを重ねる以上に十和子と陣治の関係性をより多く語ることができる重要な要素。この描写がないと映画としての味も深みもなくなる」と狙いを明かす。

細かい積み重ねが映画を豊かにする

その“神は細部に宿る”を地で行く白石演出の真骨頂は、随所に見られる。竹野内豊演じる黒崎が別れ話のもつれから十和子に暴力を振るうシーンの直前に、路上で小競り合いをする若者グループの姿が画面の端に見える。その怒りの空気が黒崎に伝染し、暴力の導火線に火をつけるという伏線になっている。「普通は相手にいらだちを覚えたとしても、殴るまでのアクションにはなかなかいかない。殴りやすい要素を作ろうと考えたときに、街中でたまに見る若者たちのウザイ小競り合いを思いついた。そういうのを見ると、関係ないこちらにもイライラが伝染する。それを巧みに表現するために、一般エキストラではなくて、お芝居がきちんとできる俳優を撮影地で集めた」とこだわりあり。

劇中には「演出をする上では、ちょっとしたことでも映画に登場するすべての人々が活きるように心がけている。それは細かい積み重ねが、映画というものを豊かにしてくれることを知っているから」という白石監督の直感から生まれたものも多い。ホテルの天井から落ちてくる砂、急に無人になる電車内、楽園のようなビーチに続く部屋など、現実的なストーリーの中に突如挿入されるアバンギャルドな演出は脚本家・浅野妙子によるシナリオには書かれていないが、それがあることによって衝撃的結末に説得力が生まれたのは確かだ。本編を観ると、確たるビジョンを持って現場を仕切る白石監督にすべてをゆだねた俳優陣の気持ちも理解できる。

次回作は、役所広司主演のポリティカルサスペンス映画『孤狼の血』(2018年)。類まれなる作家性を発揮しながらも、自身を「職人監督」と自認する白石監督の快進撃は続く。「叶えたい夢は時代劇を撮ること。具体的な構想があるので多くを語ることはできないけれど、『殺人の追憶』(2003年)のポン・ジュノ監督や『哭声/コクソン』(2016年)のナ・ホンジン監督のような路線で、徹底的にエンタメでありながらも、人間を深く描く作品になるはず」と構想を口にした。

(文・石井隼人)

記事制作 : 石井隼人

関連映画

マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。